【実録】ディーラーから口止め!
交渉や相見積もりなしで最大値引きする裏技!

車を購入されたことがある方はご存知だと思いますが、通常の交渉方法では、あまり安くなりません。
 
なぜなら、車の利益率は本体価格の10%程度、300万円の車ならたった30万円・・・。
 
値引きすればするほど赤字になってしまうので、ディーラーは値引きをしたように見せかけて、利益を確保しているのです。
 
だから粘り強い交渉をしたり、複数のディーラーで相見積もりを取っても大幅の値引きは期待できません。
 
しかし、本記事でご紹介する方法を使えば、どんなに交渉下手であっても、車を最大値引きした状態で買えちゃいます。
 
具体的な方法を元に解説していきますので、車購入前の方なら、ぜひ最後まで読んでみてください!
 

最初にディーラーに行くのはNG!

まず初めにお伝えしたいのが、「車が欲しい!」「ちょっと試乗にでも行こうかな・・・」と思って、いきなりディーラーへ行くのはNG!
 
なぜなら、ディーラー営業マンの交渉テクニックの罠にハマってしまうからです。
 
特に素直な人ほど悪い営業マンにうまく言いくるめられ、それほど安くならずに車を買ってしまっているんですよね・・・。
 
どういうことかと言うと、実際に私がディーラー店でやりとりした内容を見ればわかります。
 
 

いくらまで、値引きできますか?
 
車両本体と下取りを合わせて20万円の値引きですね。
ディーラー営業マン
 
(想定したより安くならないなぁ・・・)
 
そして、このタイミングでディーラーの営業マンから・・・
 
 
増税前の乗り換えキャンペーン中なので、値引き額を20万円から30万円に上げます!
ディーラー営業マン
 
と言われました。
 
 
お!営業マンが頑張ってくれている!
 
と、思わず契約しそうになってしまいましたが・・・。
 
 
実はこれ、ディーラー営業マンの交渉テクニックなんです!
 

ディーラー営業マンのテクニックとは?

ディーラー営業マンは、
 
「値引き額をUPさせたように見せて、その分、下取り額を下げることで、値引きしたように見せかけている」のです。
 
これは「値引き充当」という”お客様にお得感を与える”交渉テクニックの一つです。
 
ディーラー営業マンは、車の見積もり時では下取り額を10万ほど安く見積もっておいて、二回目で車両値引きを頑張ったように見せているだけなんです。
 

車両値引き」と「下取り」は分けて考える!これが重要なポイントです。
 

私が値引き交渉した結果

私の場合、他社からの乗り換えだからと”おまけ”してもらって35万円の値引きでした。
 
しかし、
 
(もうちょっと頑張って!!)
 
とは言えない状況・・・。
 
ここで興味なさそうにしていた妻に、
 
妻「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう
 
と言わせて、いったん交渉を保留にしました。
 
そして次にディーラーに行くまでに
 
"ある方法"を試すと・・・。
 
なんと、63万円も安く買えたんです!
 

これが実際に発注した最終段階の確認書です。
 
担当してもらった営業マンに迷惑がかからないように千円以下の端数は伏せてありますが、「63,2000円」の値引きに成功しているのがわかりますよね。
 
これからご紹介する方法を知っておけば、このような大幅値引きを誰でもカンタンにできるようになります。
 
すごくカンタンな方法なので、やらなきゃですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.