ダイハツ「ロッキー」のオプション【おすすめはコレ!】ナビは純正がお得

2019年12月24日

ロッキーおすすめオプション

ダイハツ「ロッキー」には豊富なオプションが用意されていますが、必要最低限のオプションは【標準装備】されているため、オプション選びはそこまで迷いません。
 
とはいえ、ロッキーに付けるべき必須のオプションはあるので、乗り始めてから後悔しないようにしたいところ・・・。

  • ロッキーのおすすめオプションが知りたい
  • ロッキーにはどんなオプションが用意されているの?
  • ダイハツ純正ナビがお得って本当なの?

そんな疑問や不安にお答えするため、本記事ではディーラー営業マンから聞いたダイハツ「ロッキー」おすすめのオプションをご紹介していきます!

ロッキー検討中の方へ

お願いです。ロッキーを高く買わないでください。
 
ロッキーは値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

ダイハツ「ロッキー」おすすめオプションはコレ!

ロッキーおすすめオプション

ダイハツ「ロッキー」おすすめオプションを6つ厳選してみました。

ロッキーおすすめオプション

オプション名 価格(税込) 備考
ワイドバイザー 19,052円 ディーラーオプション
オールウェザーマット 18,326円 ディーラーオプション
ラゲージハードボード 19,426円 ディーラーオプション
ラゲージアンダートレイ 25,300円 ディーラーオプション
AC100V電源 26,862円 ディーラーオプション
バックモニター 33,880円 ナビオプション

後付けできる「ディーラーオプション」ばかりなのは、ダイハツの「メーカーオプション」はお得なパック(セット)で用意されているため、必要に応じて選ぶ形になっているからです。

※メーカーオプションのパック(セット)内容は次の項目で詳しく解説していきます。

また、ロッキーのグレードによっては付けられないオプションもあるので注意しましょう。
 
まずはロッキーの「おすすめディーラーオプション」から解説していきますね。
 

ワイドバイザー

ワイドバイザー

価格(税込) 適用
19,052円 全車

ドアバイザーはほとんどの方が付けられるオプション。
 
雨の日のちょっとした空気の入れ替えや日差し避けに大きく貢献しています。
 
ただ、最近の車は空調設備が良く、空気の入れ替えをする必要を感じないほど。
 
だから、あえてドアバイザーを付けない方も増えてきているようですね。
 
ドアバイザーが無いほうがロッキーの見た目もスッキリするし、洗車のときに窓を下げる手間も必要ないし、風切り音も小さくなります。
 
ただ、ドアバイザーがない状態で雨の日に窓を開けると、思った以上に雨が入ってきて不快だし、顔への日差しを感じることも多いですね。
 
純正のドアバイザーが高いと感じるなら、ロッキー専用に設計された社外品のドアバイザーを購入して付けた方が良いでしょう。
 

オールウェザーマット

オールウェザーマット

価格(税込) 適用
18,326円 全車

濡れたり汚れたりしてもサッと洗える「ダイハツ純正」のフロアマットです。
 
純正なのでマットがズレる心配もなく、設置された状態で納車されるので敷く手間もありません。
 
純正のフロアマットは価格が高いので、ロッキー専用設計された社外品のフロアマットにするのも良いでしょう。
 

ラゲージハードボード

ラゲージハードボード

価格(税込) 適用
19,426円 全車

左右リヤシートバック、ラゲージボード用のセットオプションです。
 
濡れた荷物を気にせず積める便利なアイテム。
 
ラゲージハードボードを装着したまま、デッキボードを下段位置にも設置できます。
 
マリンスポーツやウィンタースポーツを楽しまれる方にとって、ラゲージハードボードは必須のオプションです。
 

ラゲージアンダートレイ

ラゲージアンダートレイ

価格(税込) 適用
25,300円 全車

ロッキーのアンダーラゲージに、濡れた荷物を気にせず積める「防水タイプのトレイ」です。
 
※メーカーオプションの【スペアタイヤ】を装着すると装備不可になります。
 
ドロドロに汚れた子供の外遊び用おもちゃを置いたり、濡れた洗車道具を置いたり、意外と重宝しますね。
 

AC100V電源

AC100V電源

価格(税込) 適用
26,862円 全車

AC100V電源のオプションは、「携帯電話やゲーム機器などの充電」や「停電時の非常用電源」に役立つオプションです。
 
ただし最大100Wまでしか対応していないため、大型の家電を動かすのは無理ですね…。
 
また、ワイヤレス充電器(Qi)[メーカーオプション:25,960円]・ドライブレコーダー(ナビ連動モデル)と同時装着が不可になります。
 
ディーラー営業マンいわく、ダイハツのキャンペーンで、ドライブレコーダー(ナビ連動モデル)がお得になっていることが多いので、ほとんどの方はAC100V電源オプションを付けないんだとか・・・。
 
でも、近年は台風の被害による停電が問題視されているため、いざという時のために付けておいた方が良いでしょう。
 

バックモニター

バックモニター

価格(税込) 適用
33,880円 全車

いわゆるバックカメラのオプションになります。
 
ロッキーは小型SUVとはいえ車体が大きいので、サイドミラーとルームミラーだけでバックするのは難しいです。
 
バックモニターのオプションを付けておいた方が、バック駐車がしやすくなるのでオススメです。
 
ちなみにメーカーオプションの「パノラマモニターパック」を付けた場合は装着不可になります。
 
ここまでダイハツ「ロッキー」おすすめオプションを解説してきました。
 
次の項目では、ダイハツ「ロッキー」のパックオプション(メーカーセットオプション)について詳しく解説していきます!
 

ダイハツ「ロッキー」のパックオプション(メーカーセットオプション)

ロッキーのパックオプション

ダイハツ「ロッキー」のパックオプション(メーカーセットオプション)は下記7つが用意されています。

ロッキーのパックオプション

パックオプション(メーカーセットオプション) 価格(税込) 備考
純正ナビ装着用アップグレードパック 31,900円 ナビ本体は含まれません
パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック 48,400円 ナビ本体は含まれません
適用:Premium、G、X
9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ 99,000円
パノラマモニターパック
(9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ
115,500円 適用:Premium、G、X
スマートパノラマパーキングパック
(9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ)
148,500円 適用:Premium 2WD、G 2WD、X 2WD
2トーンカラー 55,000~77,000円 ブラックマイカメタリック×コンバーノレッド:77,000円
ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール:77,000円
ブラックマイカメタリック×ブライトシルバーメタリック:55,000円
BSM(ブラインドスポットモニター) 66,000円 適用:G、X

純正ナビ装着用アップグレードパック

純正ナビ装着用アップグレードパック

価格(税込) 備考・適用
31,900円 ナビ本体は含まれません

「ステアリングスイッチ(オーディオ操作用/ハンズフリー通話用)」と「バックカメラ」がセットになったお得なメーカーオプションです。
 
なお、下記のパックとは同時選択できないので注意しましょう。
 

【同時選択できないパック】

  • 純正ナビ装着用アップグレードパック
  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック
  • 9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ
  • パノラマモニターパック(9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ)
  • スマートパノラマパーキングパック(9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ)

パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

価格(税込) 備考・適用
48,400円 ナビ本体は含まれません
適用:Premium、G、X

車両の前後左右に搭載した4つのカメラにより、ロッキーを真上から見ているような映像を表示できる「パノラマモニター」を表示するためのメーカーオプションです。
 
内容は「ステアリングスイッチ(オーディオ操作用/ハンズフリー通話用)」「フロントカメラ」「サイドカメラ」「バックカメラ」の4つがセットになっています。
 

9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ

価格(税込) 備考・適用
99,000円 全車適用

カーナビとiPhoneを連携する【CarPlay】に対応したディスプレイオーディオです。
 
「9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ」「フルセグTVアンテナ」「ステアリングスイッチ(オーディオ操作用/ハンズフリー通話用)」「バックカメラ」「Bluetooth(R)」「USBソケット×1口(インパネ)」「Wi-Fiルーター」がセットになっています。
 

パノラマモニターパック(9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ

パノラマモニターパック(9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ

価格(税込) 備考・適用
115,500円 適用:Premium、G、X

「パノラマモニター表示用のカメラ」と「9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ」がセットになったお得なパックです。
 

スマートパノラマパーキングパック(9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ)

スマートパノラマパーキングパック(9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ)

価格(税込) 備考・適用
148,500円 適用:Premium 2WD、G 2WD、X 2WD

「9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ」と「スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)」がセットになったお得なパックです。
 
適用はPremium 2WD、G 2WD、X 2WDのみとなります。
 

2トーンカラー

ロッキー2トンカラー

価格(税込) 備考・適用
55,000~77,000円 適用:G

ダイハツ「ロッキー」には2トーンカラーのラインナップが用意されています。
 
2トーンカラーが選べるのは【Premium】【G】のグレードのみで、Premiumは何故か2トーンカラーしか選べません。
 
実質的に【G】グレードのみ2トーンカラーが選べるというわけです。
 
参考ロッキーのボディーカラー【人気色ランキング】おすすめカラーをニーズ別に紹介
 

BSM(ブラインドスポットモニター)

BSM(ブラインドスポットモニター)

価格(税込) 備考・適用
66,000円 適用:G、X

隣接する車線の死角領域を走る、または死角領域に急接近してくる車両を検知し、ドアミラーインジケーターが点灯します。
 
さらに、検知車両側に方向指示スイッチの操作をすると、ドアミラーインジケーターの点滅・ブザー音により注意喚起を行い、車線変更時における安全確認補助します。
 
適用グレードは【G】と【X】で、Premiumには標準装備されています。
 
ここまでダイハツ「ロッキー」のパックオプション(メーカーセットオプション)について解説してきました。
 
次の項目では、ロッキーおすすめナビをご紹介していきます!
 

ロッキーのナビはダイハツ純正ナビがオススメ

ダイハツ純正ナビ

ロッキーのナビはダイハツ純正のナビがオススメです。
 
その理由は、ドライブレコーダーセット割引などのキャンペーンが実施されているから。
 
いまや必須装備となった「ドライブレコーダー」と「ダイハツ純正ナビ」がセットになって、かなりお得になっているんですよね~。
 
ダイハツのディーラー営業マンいわく、ほとんどの方が「ドラレコセット」でナビを取付けているんだとか。
 
ちなみにダイハツ純正ナビは下記4台がラインナップされています。
 

ダイハツ純正ナビ

ダイハツ純正ナビ

ダイハツ純正ナビ 9インチスタンダードメモリーナビ
(Wi-Fiセット)
ワイドスタンダードメモリーナビ
(Wi-Fiセット)
ワイドエントリーメモリーナビ
ドラレコプラン 218,900円 158,400円 93,500円
価格(税抜) 201,300円 132,000円 121,000円
画面サイズ 9インチ 7インチ 7インチ

上記のダイハツ純正ナビの中で、特に人気なのが「ワイドスタンダードメモリナビ(Wi-Fiセット)」です。
 
画面サイズは7インチと少し小さめですが、AV機能がロッキー専用にチューニングされた【音の匠】が付いていたり、ダイハツコネクトサービスも利用できたりなどのメリットがあります。
 
ダイハツコネクトサービスでは、事故対応サポート・故障対応サポートなど「もしも」のときに、安全・安心できる機能が満載。
 
さらに「Wi-Fiルーター」が搭載されているから、ロッキーの駐車位置が知れたり、スマホで探した場所をナビに転送できたりします。
 
ワイドスタンダードメモリーナビの上位ナビとして「9インチ」のスタンダードメモリーナビ(Wi-Fiセット)もありますが、価格が20万円オーバーと高め。
 
「9インチスタンダードメモリーナビ」と「ワイドスタンダードメモリーナビ」の主な違いは下記の通りです。

ダイハツ純正ナビ 9インチスタンダードメモリーナビ
(Wi-Fiセット)
ワイドスタンダードメモリーナビ
(Wi-Fiセット)
ドラレコプラン 218,900円 158,400円
価格(税抜) 201,300円 132,000円
画面サイズ 9インチ 7インチ
タッチパネル
(静電タッチパネル)
専用イコライザー
(車種別)

ぶっちゃけナビ画面サイズだけの違いだし、コスパ的にはワイドスタンダードメモリーナビのほうが上ですね。
 
また、ロッキーの車両本体値引きが渋いなら、ダイハツ純正ナビを「9インチスタンダードメモリーナビ」にしてオプション値引きを引き出す作戦に切り替えたほうが良いかも。
 

ロッキーをついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

ロッキー

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「ロッキー」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

ロッキーの値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみにロッキー自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.