ダイハツ「ロッキー」のグレードを比較【違いは何?】おすすめグレードはコレだ!

2019年12月23日

ロッキーのグレード毎の違いは何?

ダイハツ「ロッキー」のグレードは【L】【X】【G】【Premium】の全4種類がラインナップされています。
 
非常にシンプルなグレード体系で、グレード毎の差額も平均165,000円と比較的に安くなっているのが特徴的。
 
ダイハツのディーラー営業マンいわく、最上級グレード【Premium】と【G】どっちにするか迷ってしまう方が多いんだとか…。

  • ロッキーのグレード毎の違いを知りたい
  • 【G】と【Premium】ならどっちを選べば良いの?
  • おすすめのグレードを知りたい

そんな疑問にお答えするため、本記事ではダイハツ「ロッキー」のグレードを比較し、違いは何か徹底調査してみました。
 
また、ロッキーのおすすめグレードもご紹介しますので、ぜひグレード選びの参考にしてみてください。
 
それでは、ロッキーのグレード毎の違いからご紹介していきます!
 

スライドで概要だけ読めます

ロッキー検討中の方へ

お願いです。ロッキーを高く買わないでください。
 
ロッキーは値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

ダイハツ「ロッキー」のグレードを比較!違いは何か徹底調査してみた

ロッキーのグレード一覧

比較していく前に、まずはダイハツ「ロッキー」のグレード一覧表を見てみましょう。

ロッキーのグレード一覧表

グレード
(トランスミッション)
車両本体価格
燃費
選べるカラー数
JC08モード WLTCモード
Premium
2WD
(CVT)
2,200,000円 22.8km/L 18.6km/L
ツートンカラー3色
4WD
(CVT)
2,422,200円 21.2km/L 17.4km/L
G
2WD
(CVT)
2,002,000円 22.8km/L 18.6km/L
モノトーンカラー8色
ツートンカラー3色
4WD
(CVT)
2,224,200円 21.2km/L 17.4km/L
X
2WD
(CVT)
1,848,000円 23.4km/L 18.6km/L
モノトーンカラー8色
4WD
(CVT)
2,086,700円 21.2km/L 17.4km/L
L
2WD
(CVT)
1,705,000円 23.4km/L 18.6km/L
モノトーンカラー8色
4WD
(CVT)
1,944,800円 21.2km/L 17.4km/L

単純に車両本体価格だけで比較すると

  • 【Premium】と【G】の価格差は198,000円
  • 【G】と【X】の価格差は154,000円
  • 【X】と【L】の価格差は143,000円

ダイハツ「ロッキー」のグレード毎の価格は平均165,000円の差額があります。
 
また、どのグレードを選んでも、ロッキーの値引きは基本的に変わりません。
 
ちなみに『アクセル踏み間違い防止機能(ブレーキ制御付誤発進抑制機能[前後])』は全グレードに標準装備されているのでご安心を。
 
では具体的にグレード毎の何が違うのか、【L】と【X】の違いを比較した結果からご紹介していきます!
 

グレード【L】と【X】の違いを比較

ロッキー【X】と【L】

【L】と【X】の違い

グレード L X
車両本体価格 1,705,000円 1,848,000円
ガラス加工 UVカット機能付ガラス スーパーUVカット・UVカット・IRカット・遮音機能付ガラス
シート表皮 フルファブリックシート フルファブリックシート
(フロント 赤パイピング付)
大型フロントドアグリップ 黒材着 赤材着×シルバー塗装
ステアリングホイール ウレタン ウレタン
(シルバー加飾付)
シフトレバーブーツ ステッチ(黒)付 メッキリング付+ダブルステッチ(白)付
タコメーター 自発光式メーター
マルチインフォメーションディスプレイ
アクティブマルチインフォメーションメーター
エアコン マニュアル フルオート
スピーカー 2個 4個
ホイール 16インチ
スチールホイール
ホイールキャップ
16インチ
アルミホイール

ダイハツ「ロッキー」のグレード【L】と【X】の差額は143,000円で、【X】グレードのほうが高いです。
 
【X】グレードは【L】グレードよりも内外装がワンランク上で、特にガラス性能が高くなっています。
 

スーパーUVカット・UVカット・IRカット・遮音機能付ガラス

スーパーUVカット・UVカット・IRカット・遮音機能付ガラスの説明

スーパーUVカットガラスは紫外線を約99%遮断し、UVカットガラスは紫外線を約90%遮断します。
 
また、IRカットガラスは車内温度上昇の要因となる赤外線を遮断する機能があります。

【X】グレード

  • フロントウィンドウガラス:「UVカット・IRカット機能」が付く
  • フロントドアガラス:「スーパーUVカット・IRカット機能」が付く
  • ガラスには遮音機能が付く

【L】グレード

  • ガラスは「UVカット機能」のみ

車内環境の快適さに関わる「紫外線による日焼け」や「室温上昇」などは、【X】グレードの方が快適ですね。
 
また、グレード【X】と【L】では「タコメーター」にも大きな違いがあります。
 

アクティブマルチインフォメーションメーター


 
グレード【X】のタコメーターは、液晶ディスプレイに「エンジン回転数」や「外気温」、「瞬間燃費」「平均燃費」など様々な情報を表示する『アクティブマルチインフォメーションメーター』が装備されています。
 
アクティブマルチインフォメーションメーターは好みや気分によって、4種類の表示(先進・ワクワク・シンプル・アナログ)を切り替えることができます。
 
グレード【X】と【L】で迷っているなら、快適性と内外装の質感が高い【X】グレードを選んだ方が後悔しないでしょう。
 
ただ、必要最低限の装備だけで良ければ、コストパフォーマンスは【L】グレードの方が高いですね。
 
続いてグレード【X】と【G】の違いを比較した結果をご紹介します。
 

グレード【X】と【G】の違いを比較

ロッキー【X】と【G】

【X】と【G】の違い

グレード X G
車両本体価格 1,848,000円 2,002,000円
カラー モノトーンカラー モノトーンカラー
ツートンカラー
ドアアウターハンドル ボディ同色 メッキ
LEDヘッドランプ マニュアルレベリング機能付 オートレベリング機能
サイドビューランプ付
フォグランプ - LEDフォグ
リヤフォグランプ
フロントLEDイルミネーションランプ
シートヒーター - 運転席・助手席シートヒーター
安全装備 スマアシ スマアシ
全車速追従機能付ACC
レーンキープコントロール
スピーカー 4個 6個
タイヤ 195/65R16タイヤ 195/60R17タイヤ

ダイハツ「ロッキー」のグレード【X】と【G】の差額は154,000円で、【G】グレードのほうが高いです。
 
【G】グレードはLEDランプなどの「灯火類」や全車速追従機能付ACCなどの「安全運転支援システム」、「快適装備」などが充実しています。
 

オートレベリング機能&サイドビューランプ付LEDヘッドランプ

オートレベリング機能&サイドビューランプ付LEDヘッドランプ

【G】グレードのヘッドランプは、光軸を自動的に調整する「オートレベリング機能」と、ハンドルを曲げた方向を照らしたり、バックするときに左右を照らして安全確認をサポートする「サイドビューランプ」の機能が付いています。
 
【X】グレードのヘッドランプは光軸を手動で調整する必要があり、サイドビューランプも付きません。
 

LEDフォグ&リヤフォグランプ+LEDイルミネーションランプ

LEDフォグ&リヤフォグランプ+LEDイルミネーションランプ

  • LEDフォグランプ
    濃霧などの悪天候時にヘッドランプの明かりを補助し、視界を確保してくれます。
  • LEDリアフォグランプ
    濃霧などの視界が悪いときに後続車へ自車の存在をアピールしてくれるランプです。
  • LEDイルミネーションランプ
    昼間の走行時にも点灯して視認性を高めるだけでなく、対向車や歩行者に自車の存在をアピールできるランプです

運転席・助手席シートヒーター

運転席・助手席シートヒーター

運転席と助手席のシートバック(背中9を暖めてくれる装備で、冬場のエアコン暖房だけよりも暖かくて快適に過ごせます。
 
シートヒーターだけでも十分に暖かいので、乾燥しがちな冬場のエアコンが苦手な方にオススメです。
 

全車速追従機能付ACC

全車速追従機能付ACC

全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)とは、先行車がいない場合は設定した速度で定速走行し、先行車がいる場合は適切な車間距離を保ちながら自動追従走行できる安全運転支援システムです。
 
先行車が停止すれば自動で停止し、先行車が発進したらスイッチひとつで自動追従走行に戻ります。
 
全車速追従機能付ACCは高速道路で役立つ機能で、アクセルペダルを踏み続けずに済むし、車速のコントロールを「ロッキー」に任せられるので、肉体的疲労も精神的な疲労も、ぐっと軽くなりますよ。
 

レーンキープコントロール

レーンキープコントロール

車線中央を走行するようにハンドル操作をアシストしてくれる機能です。
 
ただし、約60km/h以上で全車速追従機能付ACCをオンにして走行中のみ「レーンキープコントロール」の機能が発揮されます。
 
「全車速追従機能付ACC」と「レーンキープコントロール」は、高速道路での使用が前提になっているので、街乗りがメインなら【X】グレードでも十分満足できますね。
 
遠出する機会が多い方は、【G】グレードを選んでおいた方が、間違いなく高速道路での疲れは少ないです。
 
続いてグレード【G】と【Premium】の違いを比較した結果をご紹介します。
 

グレード【G】と【Premium】の違いを比較

ロッキー【G】と【Premium】

【G】と【Premium】違い

グレード G Premium
車両本体価格 2,002,000円 2,200,000円
カラー モノトーンカラー8色
ツートン3色
ツートン3色のみ
ステアリング ウレタンステアリングホイール 本革巻ステアリングホイール&シフトノブ
シート ファブリックシート ファブリック+ソフトレザー調シート
安全運転支援システム スマアシ
全車速追従機能付ACC
レーンキープコントロール
スマアシ
全車速追従機能付ACC
レーンキープコントロール
ブラインドスポットモニター
リヤクロストラフィックアラート

ダイハツ「ロッキー」のグレード【G】と【Premium】の差額は198,000円で、【Premium】グレードのほうが高いです。
 
【Premium】は安全運転支援システムや内装にコストがかけられていますが、ボディーカラーがツートンしか選べないといった残念な部分もありますね…。
 
参考ロッキーのボディーカラー【人気色ランキング】おすすめカラーをニーズ別に紹介
 
内装の上質さにこだわるなら【Premium】一択で間違いありませんが、正直言うと【G】の内装と比べてそこまで差は感じられませんでした。
 
Premiumはちょっと割高に感じたので、【G】に「ブラインドスポットモニター」「リヤクロストラフィックアラート」をオプションで付けて乗る方がお買い得です。
 

本革巻ステアリングホイール&シフトノブ

本革巻ステアリングホイール&シフトノブ

【Premium】グレードのステアリングとシフトノブは『本革巻き』になっています。
 
本革巻きのステアリングとシフトノブは、見た目の質感がアップするので、ロッキーを所有する喜びを感じられますね。
 
また、本革巻きのステアリングは手によく馴染んで握り心地も良いので、ロッキーを運転しているのが楽しくなります。
 

ファブリック+ソフトレザー調シート

ファブリック+ソフトレザー調シート

【Premium】グレードのシートは、座面と背面がファブリックで、サイドサポートとヘッドレストはレザー調の素材になります。
 
レザー調のシートは見た目の上質さと、身体に触れた時の高級感が所有欲を刺激されますね。
 

ブラインドスポットモニター

ブラインドスポットモニター

ブラインドスポットモニターとは、隣の車線の斜め後方から接近する車両を検知してくれるシステムです。
 
斜め後方から接近する車両を検知すると、ドアミラー内のインジケーターが点灯して知らせてくれます。
 
更に斜め後方から接近する車がいる状態で、接近している車の方向にウィンカーを出すと、ドアミラーインジケータ点滅とブザー音で注意を促してくれます。
 
車線変更が苦手に感じる方におすすめの装備です。
 

リヤクロストラフィックアラート

リヤクロストラフィックアラート

リヤクロストラフィックアラートとは、駐車場からバックで出庫するとき、後方左右から接近する車両を検知すると、ドアミラーインジケータ点滅とブザーで注意を促してくれる装備です。
 
スーパーやコンビニなど、狭い駐車場から出庫するときって左右が見え難いですよね…。
 
リヤクロストラフィックアラートがあれば、万が一の接触事故を防いでくれるでしょう。
 
ちなみに「ブラインドスポットモニター」と「リヤクロストラフィックアラート」は、メーカーオプションで付けることが可能です。

  • ブラインドスポットモニター:66,000円
  • リヤクロストラフィックアラート:66,000円

内装にこだわらない&ロッキーの購入予算を抑えたいなら、【G】グレードに「ブラインドスポットモニター」と「リヤクロストラフィックアラート」のオプションを付けた方がお買い得ですね。
 
参考ダイハツ「ロッキー」のオプション【おすすめはコレ!】ナビは純正がお得
 
次の項目では、ダイハツ「ロッキー」のおすすめグレードをご紹介します。
 

ダイハツ「ロッキー」のおすすめグレードはコレだ!

ロッキー

ダイハツ「ロッキー」のおすすめグレードは【G】です。
 
最上級グレード【Premium】と迷われる方も多いですが、、、
 
Premiumはボディーカラーがツートンカラー4色しか選べず、内装が豪華とは言え割高感が否めません。
 
また、【G】グレードより1つ下の【X】グレードと迷われているなら、「全車速追従機能付ACC」と「レーンキープコントロール」の恩恵は意外と大きいとお伝えしたいです。
 
ダイハツの全車速追従機能付ACCの機能は当てに出来ないという声もありますが、それでも高速道路の疲労感は桁違いです。
 
普段は一般道しか走らない方でも、Gグレードならシートヒーターも付いてくるので、冬場のドライブは快適に過ごせますよ。
 
予算と装備のバランスが良い【G】グレードは、ロッキーに乗っている間の満足感が得られますよ!
 

ロッキーをついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

ロッキー

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「ロッキー」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

ロッキーの値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみにロッキー自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.