セレナe-POWERマイナーチェンジいつ?2019年8月1日予定

2019年7月11日

日産セレナe-POWERマイナーチェンジはいつ?

日産セレナe-POWERは2019年8月頃にマイナーチェンジするかも!
2019年4月初めの段階で販売会社本社からは”セレナe-POWERのマイナーチェンジは8月”との内示があったみたいだよ。
 
とネットでも予想されていましたが、本当に日産セレナe-POWERは2019年8月にマイナーチェンジされます!!
 
 


 
日産のイベント情報カレンダーをみると、2019年8月1日にセレナe-POWERのマイナーチェンジと書かれていますよね。
 
そして2019年8月3~4日には”発売フェア”が実施されるので、マイナーチェンジされたセレナe-POWERの販売が本格的に始まりそうです。
 
また、現行モデルの日産セレナe-POWERは販売終了となっている店舗もあるので、2019年8月1日のマイナーチェンジは確実でしょう。
 


 
1点だけ注意しておきたいのが、2019年8月10日~16日まで日産は夏季休業になっているところ。
 
少しでも早くマイナーチェンジされた日産セレナe-POWERを注文したい人は、2019年8月9日までにディーラーへ訪問しておきましょう。
 
ただし、日産のディーラー営業マン曰く、「本社からマイナーチェンジ後のセレナe-POWERの値引き上限額は渋めにしろ」と言われてるみたいなんですよね。
 
だから、どんなに頑張って値引き交渉しても、マイナーチェンジ後のセレナe-POWERは安くならないかも・・・。
 

セレナe-POWERの値引き情報はこちら

セレナe-POWERの値引き情報(最新相場)をみる
 
 
値引きが渋いとはいえ、ディーラーへ訪問する前には必ずこちらのサービスには事前登録しておきましょう。
 
マイナーチェンジ後で値引き額が渋くても、最大値引き交渉済みの日本一安い日産セレナe-POWER無料で紹介してもらえます。
 
サービスについてもっと詳しく知る

※マイナーチェンジされた日産セレナe-POWERを最大値引き交渉できる裏技が知れます。

 
さて、2019年8月1日にマイナーチェンジされる日産セレナe-POWERですが・・・。
 

マイナーチェンジではどんな変更点があるの?
次のフルモデルチェンジはいつなの?
 
など、いろいろと気になりますよね。
 
そこで本記事では【日産セレナe-POWERマイナーチェンジの変更点】【フルモデルチェンジの時期】について、徹底調査した結果をまとめてみました。
 

セレナe-POWER検討中の方へ

お願いです。セレナe-POWERを高く買わないでください。
 
セレナe-POWERは値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

日産セレナe-POWERマイナーチェンジの変更点

ポイント

日産セレナはマイナーチェンジと言いつつ、毎回”フルモデルチェンジ”のような変更がされるのでびっくりしますよね。
 
日産セレナe-POWERのマイナーチェンジでは、下記4つの変更点があるのではないかと言われています。

マイナーチェンジの変更点

  1. 外装・内装のデザイン変更
  2. カラーバリエーションが追加される
  3. 自動運転技術「プロパイロット」のバージョンアップ
  4. e-POWERに4WDのラインナップ追加は・・・

2019年8月1日に発表される日産セレナe-POWERのマイナーチェンジでは、内装・外装のデザインが変更されると言われています。
 
外観では力強いデザインに磨きがかかり、フロントグリルを中心にディテールが見直されるようですね。
 
また、内装のインパネ細部など、インテリアの造形にも手が加えられる見通しです。
 
そして日産セレナe-POWERのマイナーチェンジでは動力系はスペックアップしないけど、自動運転技術「プロパイロット」などの装備面が向上します。
 
安全面でも現在ではオプション装備となっている【踏み間違い衝突防止アシスト】が追加装備され、「サポカーSワイド」に分類されるようになります。
 
そして降雪地域にお住まいの方が待望しているe-POWERの4WDですが・・・。
 
各変更点の詳細は次の項目で詳しく解説していきます。
 

外装・内装のデザイン変更

企画時のセレナ

引用:https://carmuse.jp/serena-minorchange

 
日産セレナe-POWERのマイナーチェンジでは「外装」と「内装」に変更が施されるようです。
 
外装はフロントバンパーのデザインが変更され、Vモーショングリルの面積が拡大し、フロントグリルにはメッシュのデザインが採用されるんだとか。
 
アルミホイールも選択可能になるので、かなりスポーティーな見た目になるのかも?
 
イメージとしてはセレナ開発時のデッサン(上記の画像)が参考になるかも。
 
日産セレナe-POWERはマイナーチェンジで見た目が変わるので、ぶっちゃけフルモデルチェンジじゃないかって思っちゃいますよね~。
 
また、内装のインパネ細部などインテリアの造形にも手が加えられます。
 
ナビ画面のサイズも現行の9インチから、マイナーチェンジ後は10インチに拡大され、操作や視認性が大幅にアップします。
 
だから、ナビ画面の周辺の形状も変更が施されるようですね。
 
セレナe-POWERのマイナーチェンジで外装は大幅に変わりそうですが、内装なナビ画面の周辺が変更されるだけかもしれません。
 

カラーバリエーションが追加される

カラー見本

日産セレナe-POWERの現行モデルは13色のカラーバリエーションがラインナップされています。
 
マイナーチェンジでは現行の13色から2色が廃盤になり、新色が追加されるという情報があります。
 

新色には「黒×オレンジ」が追加されるかも?

自動運転技術「プロパイロット」のバージョンアップ

プロパイロット

日産セレナe-POWERのマイナーチェンジに合わせて、自動運転技術「プロパイロット」もバージョンアップされます。
 
バージョンアップ内容としては、巡航速度の最高速度設定を110km/hから120km/hに変更されるようです。
 
新東名高速道路の新静岡IC~森掛川IC間の上下約50㎞の区間などは最高速度120km/hで走れるので、それに合わせて変更されるのでしょう。
 
また、2019年秋頃にスカイラインへの搭載が予定されているプロパイロット2.0ですが、今回の日産セレナe-POWERのマイナーチェンジでは搭載されないのではないかと予想されています。
 
というのも、まずはスカイラインでプロパイロット2.0を評価してもらい、その結果をフィードバックしたものがフルモデルチェンジ後のセレナe-POWERに搭載されるはず。
 
だから日産セレナe-POWERのマイナーチェンジでは、【プロパイロットの微調整】と、オプション装備となっている【踏み間違い衝突防止アシスト】が追加装備されるくらいでしょう。
 

e-POWERに4WDのラインナップ追加は・・・

雪道

日産セレナe-POWERに4WDのラインナップが追加される!

というネット情報もあり、降雪地域にお住まいの方は待ち望んでいるかもしれません。
 
まだ明らかにはなっていませんが、どうやら今回のマイナーチェンジでは4WDのラインナップ追加はなさそうです・・・。
 


 
でも、同じ日産から発売されている「ノートe-POWER」には4WDのラインナップが追加されたので、セレナe-POWERを4WDにするのは技術的に可能でしょう。
 
技術的な歴史を辿ってみると、

  • リーフ x ノート = ノート e-POWER
  • ノートe-POWER x セレナ = セレナe-POWER
  • ノートe-POWER x ノート4WD = ノートe-POWER 4WD
  • セレナe-POWER × ノート4WD = セレナe-POWER 4WD?

このように技術的な材料は揃っているので、あとは経営判断だけだと思うんですよね~。
 
実際のところ、日産セレナe-POWERに4WDが追加されているかは、2019年8月1日のマイナーチェンジを迎えてみないとわかりません。
 
もし、4WDがラインナップに追加されていたら、販売価格も高くなると予想できるので、消費税の増税前に購入を検討された方が良いでしょう。
 

セレナe-POWERの雪道走行性能の詳細はこちら

セレナe-POWER【雪道走行の性能】4WDなしでも走れるのか調査してみた
 
 

日産セレナのフルモデルチェンジ時期を予想してみた

日産セレナ

日産セレナe-POWERは2019年8月1日にマイナーチェンジされ、次はフルモデルチェンジが予定されています。
 
いつ頃フルモデルチェンジされるかは、日産セレナのモデルチェンジ歴史を追ってみると見えてきますよ。
 

日産セレナのモデルチェンジ歴史

1994年5月日産セレナ発売開始(初代)
1995年8月マイナーチェンジ
1997年1月マイナーチェンジ
1998年1月マイナーチェンジ
1999年6月フルモデルチェンジで2代目へ
2000年6月マイナーチェンジ
2001年12月マイナーチェンジ
2003年10月マイナーチェンジ
2004年4月マイナーチェンジ
2005年5月フルモデルチェンジで3代目へ
2005年12月マイナーチェンジ
2006年12月マイナーチェンジ
2007年12月マイナーチェンジ
2008年12月マイナーチェンジ
2010年11月フルモデルチェンジで4代目へ
2012年8月マイナーチェンジ
2013年12月マイナーチェンジ
2014年4月マイナーチェンジ
2015年7月マイナーチェンジ
2016年8月フルモデルチェンジで5代目へ
2017年5月マイナーチェンジ
2018年3月マイナーチェンジ
2018年8月マイナーチェンジ予定

日産セレナがフルモデルチェンジまで、約4回マイナーチェンジされます。
 
マイナーチェンジまでの期間は一定ではありませんが、約1年ペースですね。
 
つまり、5代目セレナのマイナーチェンジは、2019年8月で3回目。
 
1年後の2020年8月頃で4回目のマイナーチェンジが行われると予想できるので、フルモデルチェンジは2021年の夏頃ですね。
 

ライバル車の動向に合わせて前倒しになるかも

ステップワゴン・ヴォクシー・日産セレナ

次期6代目セレナは2021年夏頃に発売が予想できましたが、ライバル車の動向に合わせて前倒しになる可能性があります。
 
というのも、ライバル車のヴォクシーやステップワゴンは2020年にフルモデルチェンジされると予想されているからです。
 
ヴォクシーはライバル車よりも遅れている安全装備面の強化、ステップワゴンは売れ行き回復のためのアイディアを実装してくるはず。
 
そうなると日産セレナe-POWERの売れ行きも落ちてしまうと予想できるので、フルモデルチェンジを2020年に前倒しするかもしれませんね。
 
激戦を繰り広げられているミニバン市場だけあって、3社ともフルモデルチェンジは合わせてくる可能性が非常に高いですからね。
 
ミニバンの購入を検討されているなら、日産セレナ・ヴォクシー・ステップワゴンのフルモデルチェンジ情報は常にチェックしておきましょう。
 

ヴォクシーのフルモデルチェンジ情報はこちら

ヴォクシーのフルモデルチェンジ【最新情報】2020年まで待つべき?
 
 

ステップワゴンのフルモデルチェンジ情報はこちら

次期ステップワゴン【2020年登場】フルモデルチェンジ歴史で予想
 
 

まとめ

日産セレナ

日産セレナe-POWERのマイナーチェンジは2019年8月1日に予定されています。
 
【外装・内装の変更】や【カラーバリエーションの追加】、【プロパイロットのバージョンアップ】などが主な変更内容です。
 
また、マイナーチェンジで日産セレナe-POWERに4WDのラインナップが追加されると噂されていましたが、次期マイナーチェンジorフルモデルチェンジに持ち越されるのではないかと言われています。
 
現行5代目の日産セレナは2018年3月にe-POWERがラインナップに追加され、圧倒的な人気を誇っていたヴォクシーを脅かし、ミニバン市場で大人気の車種となりました。
 
今やミニバン市場をトップリードしているのは日産セレナe-POWERと言っても過言ではありません。
 
そして、すかさずマイナーチェンジを行い差を広げようとするのは、日産らしいマーケティング戦略だな~と思います(笑)
 
とはいえ、2020年はトヨタ自動車もヴォクシーのフルモデルチェンジを、ホンダはステップワゴンのフルモデルチェンジを予定しています。
 
人気のミニバン市場がどうなっていくのか、楽しみで目が離せません!
 
ちなみにマイナーチェンジ後は不具合とか出やすいので、今現在のセレナe-POWERに出ている不具合は事前にチェックしておきましょう。
 

セレナe-POWERの不具合の詳細はこちら

日産セレナe-POWER【不具合の連発!?】よくある故障まとめ

セレナe-POWERをついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「セレナe-POWER」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

セレナe-POWERの値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみにセレナe-POWER自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.