セレナe-POWERの維持費【年間いくら?】ライバル車と比較してみた

2019年7月16日

セレナe-POWER維持費はどれくらい?

日産セレナe-POWERは購入費の他にも、ガソリン代や税金・保険料などの維持費が必要です。
 
維持費を考えずにセレナe-POWERを購入すると、毎月の支払いに追われ、手放す羽目になるかもしれませんね・・・。
 
結論を先に言うと、セレナe-POWERの年間維持費は下記のとおりです。
 

セレナe-POWER年間維持費

初年度24.5万円
2年目23.9万円
3年目24.5万円
4~5年目28.6万円
6年目31.6万円

本記事では、セレナe-POWERの維持費の内訳と、元を取れるのか検討した結果や維持費を安くする方法などをお伝えします。
 

セレナe-POWER検討中の方へ

お願いです。セレナe-POWERを高く買わないでください。
 
セレナe-POWERは値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

セレナe-POWERの維持費の内訳

維持費の内訳

日産セレナe-POWERの維持費の内訳は下記のとおりです。
 

維持費の内訳

  • ガソリン代
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自動車取得税
  • 自賠責保険料
  • 任意保険料
  • 車検費用
  • メンテナンス代
  • 駐車場代

次の項目では、各費用について詳しく解説していきます。

ガソリン代

ガソリン代

日産セレナe-POWERは超低燃費!と言われていますが、どれくらいのガソリン代がかかるか試算してみました。
 
まず日産セレナe-POWERの燃費はカタログ上で26.2km/L、実燃費だと18.3km/Lくらいです。
 
また、一般的に年間走行距離は約1万キロで、ガソリン価格は130円/Lくらいですね。
 
では実燃費を元に、セレナe-POWERに必要な年間ガソリン代を算出してみましょう。
 

ガソリン代の詳細

年間走行距離1万キロ ÷ 実燃費18.3km/L × ガソリン価格130円/L = 71,038

日産セレナe-POWERの年間ガソリン代は約7万円!!燃費の良さがわかりますね~。
 

セレナe-POWERは元を取れるのか検討してみた

車とお金を天秤にかけている画像

超低燃費のセレナe-POWERは魅力的ではありますが、ガソリン車と比べて元は取れるのでしょうか?
 
まずは【e-POWER】と【ガソリン車】の年間のガソリン代を試算してみましょう。
 

ガソリン代の試算

e-POWERガソリン車
年間走行距離1万km1万km
ガソリン代130円/L130円/L
実燃費18.3km/L11km/L
年間ガソリン代71,038円118,181円

1年間で10,000km走行した場合、ガソリン車の方が47,143円ガソリン代が高くなります。
 
e-POWERとガソリン車の車両本体価格差は約469,800円で、元を取るには・・・。
 
価格差:469,800円 ÷ ガソリン代の差:47,143 = 約10万kmの走行距離が必要。
 
年間10,000km走行した場合、セレナe-POWERの元が取れるまで10年はかかる模様・・・。
 
つまり、セレナe-POWERに長く乗り続ければ乗り続けるほど、元は取れます。
 
しかし、ガソリン代だけでなくメンテナンス費用や税金などを考慮すると、ガソリン車のほうがコスト的に安くなりますね。
 
乗り潰すならセレナe-POWERがおすすめですが、コストを抑えながら次々と車を乗り換えたいならガソリン車の方が良いでしょう。
 

自動車税・自動車重量税・自動車取得税

車にかかる税金

セレナe-POWERはエコカー減税の対象車種なので、自動車税は購入の翌年度が75%減税、自動車重量税は初年度~5年目まで0円、自動車取得税は免除になります。
 

初年度自動車税重量税合計
2年目34,500円0円34,500円
3年目9,000円0円9,000円
4~5年目34,500円0円34,500円
6年目34,500円10,000円44,500円

セレナe-POWERの税金の詳細はコチラ

セレナe-POWERの税金【いくら?】自動車税や重量税を調べてみた
 
 
ちなみに取得税のエコカー減税軽減適用期間は2019年9月30日で終了となります。
 
また、重量税のエコカー減税軽減適用期間は2019年5月1日から2021年4月30日まで延長されましたね。
 
燃費性能に応じて購入翌年の自動車税を軽減するグリーン化特例(軽課)は、2021年3月31日までに購入した自動車へと延長されています。
 
そして、2019年10月1日の消費税増税とともに自動車取得税が廃止され、新しく環境性能割という制度が開始されます。
 
環境性能割は、電気自動車や燃料電池自動車、天然ガス自動車、プラグインハイブリッド車、クリーンディーゼル車、2020年度燃費基準+20%達成車は非課税となります。
 
一方、2020年度燃費基準+10%達成の登録車は1%課税(軽自動車は非課税)され、2020年度燃費基準達成の登録車は2%、軽自動車は1%課税となります。
※それ以外のクルマは登録車で3%、軽自動車で2%課税(営業用車にはそれぞれ別途基準あり)
※もちろん、日産セレナe-POWERの環境性能割は非課税です。
 
さらに2019年10月1日以降に新車登録した乗用車の自動車税が引き下げられます!
 
しかし、引き下げ額が大きな1000cc以下でも4500円、1500ccまでが4000円、2000ccまでが3500円、2500ccまでが1500円、それ以上は一律1000円への引き下げです・・・。
 
環境性能割や自動車税の引き下げは、消費税10%への増税をかねた調整でしょうが、ぶっちゃけあまり変わらないかも・・・。
 
日産セレナe-POWERの購入を検討されているなら、8月のマイナーチェンジ後&消費税増税前が良いかもしれません!
 

日産セレナe-POWERのマイナーチェンジ情報はこちら

セレナe-POWERマイナーチェンジいつ?2019年8月1日予定
 
 

自賠責保険料と任意保険料

車の保険料見積もり

日産セレナe-POWERの自賠責保険料は、新車購入時に3年分の39,120円をまとめて払います。
 
それから車検毎に2年分の27,840円をまとめて払っていく形になります。
 
つまり、セレナe-POWERを購入してから1~3年目の自賠責保険料は年間13,040円、4年目以降は年間13,920円となります。
 
日産セレナe-POWERの任意保険料については、年齢や免許証の色、保証内容などによって変わってきますが、目安としては年間約3~5万円ほどです。
 

セレナe-POWER任意保険料

セレナ保険料モデル年代
29歳34歳
等級新規6等級継続11等級
運転者年齢条件特約
26歳以上補償30歳以上補償
運転者限定特約限定なし本人・
配偶者型
インターネット割引
13,000円適用8,000円適用
フルカバー(一般車両保険付き)年間保険料
50,300円31,160円

車検費用

セレナe-POWERの車検費用

車検費用はどこに頼むかによって費用が変わってきます。
 
購入先のディーラーに頼むのが一番安心できますが、車検費用は高くつきますね・・・。
 
業界でも破格の安さを誇っている”ニコニコ車検”で見積もると、車検基本料が10,800円、法定費用が59,830円、合計で70,630円です。
 
また、車検は2年に1回なので、年間維持費としてのコストは半額の35,315円です。
 
ちなみに新車のセレナe-POWERを購入した場合、車検費用がかかるのは4年目以降になりますね。

メンテナンス代

エンジンオイルを交換している人

セレナe-POWERの維持費で忘れがちなのがメンテナンス代です。
 
メンテナンス代の内訳としては、洗車費用定期的なオイル交換・タイヤ交換・ワイパーゴムの費用などが含まれています。
 

メンテナンス代の詳細

部品名交換時期の目安費用
エンジンオイル5,000km5,000円
タイヤ50,000km35,000円
バッテリー30,000km17,000円
オイルエレメント10,000km3,000円
ブレーキオイル20,000km4,500円
エアコンフィルター20,000km3,500円
エアーエレメント20,000km3,000円
ワイパーゴム20,000km2,000円
ウォッシャー液50,000km800円

セレナe-POWERに1年間乗り続けた場合、オイルやタイヤなどの基本的な消耗品購入費用合計は約31,000円です。
 
また、何か不具合が起きた場合は、さらに費用がかかってくるのを忘れてはいけません。
 
上記の試算結果は、あくまで平均的な年間メンテナンス代として考えておくのが良いでしょう。

駐車場代

駐車場

日産セレナe-POWERを停めておく駐車場の賃料も必要ですよね。
 
駐車場の賃料の平均価格は、月極駐車場の場合約8,000円です。
 
更新料を加味すると、年間の駐車場代は約10.4万円になります。
 

セレナe-POWERの維持費を安くする方法

ポイント

セレナe-POWERの維持費を少しでも安く抑えたいなら、下記2つの方法を検討してみてください。
 

維持費を安くするポイント

  1. ガソリン代を節約する
  2. カーリースを検討する

ガソリン代を節約する

ガソリンスタンド

セレナe-POWERの維持費を安く抑える方法として、一番おすすめなのがセルフガソリンスタンドでの給油です。
 
セルフガソリンスタンドは人件費がかからない分、ガソリン価格が安くてお得です。
 
そして、ガソリンを満タンに入れるのではなく、半分程度しか入れないでおくのも重要なポイントです。
 
実はガソリンを満タンに入れてしまうと、車が重くなってしまうため、燃費が悪くなるんですよね~。
 
また、ガソリン代の現金支払いを止めて、ガソリンスタンドと提携されている”クレジットカード払い”に変えるのもおすすめです。
 
クレジットカード払いにすればガソリン代が割引かれる場合もあるし、溜まったポイントをガソリン代に当てることもできますよ。
 
ENEOS CARDなら、毎月のカードご利用金額に応じて、ガソリン代が最大7円/L引きされるので使わなきゃ損です。
 

↓ENEOS CARDの詳細はこちら↓

 

カーリースを検討する

カーリース

日産セレナe-POWERの購入費用を考えると、現金一括払いは無理じゃないですか・・・。
 
じゃあローンを組むとなると、月末にセレナe-POWERの維持費+ローンの支払いに追われ、家計は火の車。
 
無理してセレナe-POWERに乗ってても、貯金を減らすだけですからね・・・。
 
どうしてもセレナe-POWERに乗りたい!というなら、
 
ローンでの購入よりもカーリースを検討してみるのも良いでしょう。
 
カーリースとは、自分の乗りたい車をリース会社に代わりに購入してもらい、リース会社から借り受ける仕組みのことです。
 
あなたは「車の使用者」として月々のリース料を支払うことで、一定期間(リース契約期間は数年といった長期間)、自分の車のように占有して乗ることができます。
 
車の「所有者」はリース会社となるので、所有者の義務となる各種税金の納付などはリース会社が行ってくれるのもポイント!
 
頭金も必要ないし、車購入時の諸費用も月々のリース料に平準化されているため、経済的に負担のない範囲で手軽に車を手に入れることができます。
 
ただし、カーリースには「毎月の走行距離に制限がある」「オプション品を細かく指定できない」「車両返却が基本なので自分のものにできない」といったデメリットもあります。
 

↓詳細はこちら↓

 

セレナe-POWERの維持費をライバル車と比較してみた

セレナe-POWERのライバル車

セレナe-POWERの維持費について、ライバル車と比較して高いのか安いのか検討してみました。
 
比較したライバル車は、「ヴォクシー(HYBRIDモデル)」と「ステップワゴンSPADAハイブリッド」の2台です。
 

ヴォクシーの維持費と比較

ヴォクシーとセレナe-POWER

セレナe-POWERとヴォクシーの維持費を比較した結果は下記のとおりです。

年間維持費セレナe-POWER
ヴォクシー(HYBRID)
ガソリン代71,038円112,893円
自動車税34,500円32,900円
自動車重量税0円0円
自動車取得税0円0円
自賠責保険料13,040円13,040円
任意保険料50,300円37,830円
車検費用35,315円35,315円
メンテナンス代31,000円31,000円
駐車場代10,000円10,000円
合計245,193円272,978円

セレナe-POWERの維持費とヴォクシー(HYBRID)の維持費を比べると、やはりガソリン代に大きな差がありますね。
 
ヴォクシー(HYBRID)よりもセレナe-POWERの方が燃費が良いため、ガソリン代の価格差は年間で約40,000円にもなります。
 

ヴォクシーの維持費の詳細はこちら

ヴォクシーの維持費はどれくらい?【年間・月々で計算】節約する方法とは
 
 

ステップワゴンの維持費と比較

ステップワゴンとセレナe-POWER

セレナe-POWERとステップワゴンの維持費を比較した結果は下記のとおりです。

年間維持費セレナe-POWERステップワゴンSPADAハイブリッド
ガソリン代71,038円81,250円
自動車税34,500円31,950円
自動車重量税0円0円
自動車取得税0円0円
自賠責保険料13,040円13,040円
任意保険料50,300円39,330円
車検費用35,315円35,315円
メンテナンス代31,000円31,000円
駐車場代10,000円10,000円
合計245,193円241,885円

セレナe-POWERとステップワゴンSPADAハイブリッドの維持費の差は、ほとんどありませんね。
 
というのも、ステップワゴンSPDAハイブリッドはセレナe-POWERと同じくらい燃費も良いので、ガソリン代の価格差が開かないからです。
 
セレナe-POWERもステップワゴンSPADAハイブリッドも、魅力的な1台なので、ミニバンを検討中なら乗り比べてみるのも面白いですよ。
 

ステップワゴンの維持費の詳細はこちら

ステップワゴンハイブリッドの維持費は?【年間・月々】計算してみた
 
 

セレナe-POWER検討中の方へ


セレナe-POWERの【最新】値引き情報安く買う方法は、下記の記事にまとめてあります。検討中の方は参考にどうぞ!
 
日産セレナe-POWER【値引き情報】2020年5月の限界相場

続きを見る


まとめ

日産セレナe-POWER

日産セレナe-POWERの年間維持費について試算してみると、平均25万円前後くらいですね。
 

e-POWERの維持費内訳

年間維持費セレナe-POWER
ガソリン代71,038円
自動車税34,500円
自動車重量税0円
自動車取得税0円
自賠責保険料13,040円
任意保険料50,300円
車検費用35,315円
メンテナンス代31,000円
駐車場代10,000円
合計245,193円

セレナe-POWERはライバル車よりも燃費が優れているので、維持費が安いのがわかりました。
 
また、本記事でご紹介したセレナe-POWERの維持費は、あくまでも試算結果なので正確なものではありません。
 
利用シーンやガソリン代、保険料などによって維持費は変動するので、参考程度にしてみてください。

セレナe-POWERをついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「セレナe-POWER」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

セレナe-POWERの値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみにセレナe-POWER自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.