次期ステップワゴン【2020年登場】フルモデルチェンジ歴史で予想

2019年3月13日

調べる人

歴代ステップワゴンのモデルチェンジ周期を考えると、後期型になってから約2年11ヶ月後にフルモデルチェンジが行われています。

  • 2009年10月:4代目ステップワゴン発売
  • 2012年04月:マイナーチェンジ
  • 2015年03月:現行5代目 新型ステップワゴン発売
  • 2017年09月:マイナーチェンジ(ハイブリッドエンジン搭載)
  • 2020年08月:フルモデルチェンジして6代目ステップワゴン発売?

現行5代目の新型ステップワゴンは、2015年にフルモデルチェンジが行われました。
 
そして、2017年のマイナーチェンジでは、ステップワゴン初となるハイブリッドエンジンを搭載。
 
つまり、次期ステップワゴンは2019年~2020年にフルモデルチェンジされると予想されますが・・・本当でしょうか?
 
ステップワゴンの「モデルチェンジ歴史」や「ライバル車の動向」から、次期ステップワゴンの発売はいつか予想してみました。

ステップワゴン検討中の方へ

お願いです。ステップワゴンを高く買わないでください。
 
ステップワゴンは値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

ステップワゴンのモデルチェンジ歴史からフルモデルチェンジはいつか予想してみた

歴代ステップワゴン

歴代ステップワゴンがモデルチェンジされた時期をまとめてみました。
 

年月経過年月モデルチェンジの詳細
1996年5月-初代ステップワゴン発売
1999年5月3年マイナーチェンジ
2001年4月1年11ヶ月2代目ステップワゴン発売
(フルモデルチェンジ)
2003年6月2年2ヶ月マイナーチェンジ
2005年5月1年11ヶ月3代目ステップワゴン発売
(フルモデルチェンジ)
2007年11月2年6ヶ月マイナーチェンジ
2009年10月1年11ヶ月4代目ステップワゴン発売
(フルモデルチェンジ)
2012年4月2年6ヶ月マイナーチェンジ
2015年3月2年11ヶ月5代目ステップワゴン発売
(フルモデルチェンジ)
2017年9月2年6ヶ月マイナーチェンジ
2020年8月?2年11ヶ月6代目ステップワゴン発売?

 
初代ステップワゴンから4代目ステップワゴンは、マイナーチェンジされて1年11ヶ月後にフルモデルチェンジされているのがわかります。
 
4代目ステップワゴンから5代目ステップワゴンは、1年ずれた2年11ヶ月後にフルモデルチェンジされています。
 
この規則的なモデルチェンジ周期から6代目ステップワゴンへのフルモデルチェンジを予測すると、2020年8月に発売されるのではないかと考えられます。
 
しかし、2020年1月9日に「ステップワゴン」の一部改良が実施されました。

改良ポイント

  • わくわくゲートレス仕様の設定追加
  • i-MMDを改良・小型化した新ハイブリッドシステム【e:HEV】搭載
  • 「SPADA」および「e:HEV SPADA」のシート表皮には撥水撥油加工を施した【FABTECT】を採用
  • 価格は271万4800円から444万9500円

一部改良が実施されたことで、2020年にフルモデルチェンジされるか危ぶまれるところですね...。
 
ただ、ライバル車のヴォクシーが2020年にフルモデルチェンジされるという情報もあるので、合わせてステップワゴンもフルモデルチェンジする可能性は残っています。
 
ちなみに、現行5代目ステップワゴンはモデルチェンジ末期ということもあり、アフターパーツも充実しているし、初期不良や不具合のほとんどが解決された状態で販売されています。
 
特に一部改良前のモデルは増税後の消費冷え込み対策もあって、かなり値引きが緩い状況です。

ステップワゴン値引き体験談
僕が68万円以上も安く買えた理由とは

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「ステップワゴン」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

ステップワゴンの値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみにステップワゴン自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

2018年にモデューロXがリニューアルされているが次期ステップワゴンは開発中止かも?

ステップワゴンモデューロx

Modulo Xシリーズの「STEP WGN Modulo X」は、2018年12月20日にマイナーモデルチェンジされて発売を開始しました。
 
Modulo Xシリーズはスポーツ色の強いグレードで、言わばステップワゴンの最終型と言っても良いでしょう。
 
つまり、今回のModulo Xのマイナーチェンジにより、実質的に5代目ステップワゴンは完成されたと考えられるため、これ以上の大きな変更はないと予想されます。
 
そろそろ次期ステップワゴンの開発がスタートしていると考えられますが、現時点(2019年3月)ではリーク情報やプロトタイプのスパイショットは全く出回っていません。
 
また、真実は定かではありませんが、次期ステップワゴンが開発されているのかも怪しいとも言われています。
 
その理由はトヨタ ノア3兄弟と日産セレナがシェア争いを展開している2L級ミニバン市場で、ステップワゴンが上位に割って入れずに苦戦しているからです。
 
ステップワゴンハイブリッドの売れ行き【どれくらい?】意外と不人気だった
 
少子化が進むに連れて、ステップワゴンのターゲットとなるファミリー層が減っていくのを考えると、「莫大な開発費を投入して次期モデルを用意する必要があるのか?」を、ホンダ社内で議論しているのではないでしょうか。
 
そう考えると、次期6代目ステップワゴンの開発費が抑えられてしまい、現行5代目ステップワゴンよりも大きな変更はないかもしれませんよね・・・。
 
だからマイナーチェンジされて装備が充実した現行5代目の新型ステップワゴンは今が買い時かも?!
 
しかし、新型ステップワゴン(ハイブリットモデル)の価格は、5ナンバーフルサイズ級のファミリーカーで本体価格355.9万円(最廉価313.6万円)と高い!
 
やっぱり値段が高い車を買う上で”安い”というのは大きな魅力の一つだし、販売台数という数字の結果にも表れやすいですね。
 
もちろん車両価格が高い分、ステップワゴン(ハイブリッドモデル)の乗り心地や安定性・静粛性・ステアリングフィール・装備の充実度は、Mサイズミニバン全体を見渡しても一頭地を抜いて質感が高いです。
 
こちらの新古車お探しサービス(無料)を使って、走行距離がほとんど走っていない新古車(未使用車)の5代目ステップワゴンを見つけることができれば、新車を買うよりはるかにコスパが高い買い物ができるかもしれませんね。
 
また、今年は2020年予定のフルモデルチェンジへ向けて、5代目ステップワゴンの値引き幅も大きくなってきています。
 
購入を検討している方は今現在のステップワゴンの値引き相場を事前にチェックしておきましょう。
 

ライバル車の動向からフルモデルチェンジ時期を予想!

比較

ステップワゴンがモデルチェンジすれば、当然ですが同じMサイズミニバンのライバル車もモデルチェンジしてきます。
 
逆にライバル車のモデルチェンジの動向を見れば、次期ステップワゴンのフルモデルチェンジ時期も予想できます。
 
そこでステップワゴンの代表的なライバル車(日産セレナ・ヴォクシー)と、ホンダの上位車種オデッセイのフルモデルチェンジ周期を調べてみました。

日産セレナのフルモデルチェンジ周期

日産セレナ

日産セレナのフルモデルチェンジ周期は下記のとおりです。
 

年月経過年月モデルチェンジ詳細
1990年06月-初代セレナ発売
1993年08月1年2ヶ月マイナーチェンジ
1994年05月7ヶ月マイナーチェンジ
1997年1月2年7ヶ月マイナーチェンジ
1999年6月2年5ヶ月2代目セレナ発売
(フルモデルチェンジ)
2001年12月2年6ヶ月マイナーチェンジ
2005年5月3年5ヶ月3代目セレナ発売
2007年12月2年7ヶ月マイナーチェンジ
2010年11月2年11ヶ月4代目セレナ発売
2013年12月3年1ヶ月マイナーチェンジ
2016年8月2年8ヶ月5代目セレナ発売
2018年2月1年6ヶ月マイナーチェンジ(e-power)

 
現行5代目セレナは2018年2月にマイナーチェンジされ、待望のe-powerが搭載されました。
 
日産セレナのフルモデルチェンジ周期を見ると、マイナーチェンジして2~3年後に新型が発売されているのがわかります。
 
また、日産セレナはマイナーチェンジが多いため、早くも2019年夏頃にプロパイロット等がアップグレードされるのではないかと予想されています。
 
つまりステップワゴンの次期フルモデルチェンジは、現行5代目セレナのマイナーチェンジに合わせた2019年夏~2020年頃ではないかと考えられます。
 

日産セレナe-POWERのマイナーチェンジの詳細はこちら

セレナe-POWERマイナーチェンジはいつ?2019年8月1日予定
 
 

トヨタ ヴォクシーのフルモデルチェンジ周期

ヴォクシー

トヨタ ヴォクシーのフルモデルチェンジ周期は下記のとおりです。
 

年月経過年月モデルチェンジの詳細
2001年11月-初代ヴォクシー発売
2004年8月3年9ヶ月マイナーチェンジ
2007年6月2年10ヶ月2代目ヴォクシー発売
2010年4月2年10ヶ月マイナーチェンジ
2014年1月3年9ヶ月3代目ヴォクシー発売
2017年7月3年6ヶ月マイナーチェンジ

 
現行3代目ヴォクシーは2017年7月にマイナーチェンジされています。
 
ヴォクシーのフルモデルチェンジ周期を見ると、マイナーチェンジされてから約3年後にフルモデルチェンジされているのがわかります。
 
つまり次期4代目ヴォクシーが発売されるのは2020年の夏頃ではないかと予想されます。
 
ステップワゴンの次期フルモデルチェンジは、次期4代目ヴォクシーのフルモデルに合わせた2020年頃になりそうですね。
 
↓詳細はコチラ↓
ヴォクシーのフルモデルチェンジ【最新情報】2020年まで待つべき?

オデッセイのフルモデルチェンジ周期

オデッセイ

オデッセイのフルモデルチェンジ周期は下記のとおりです。
 

年月経過年月モデルチェンジの詳細
1994年10月-初代オデッセイ発売
1996年9月2年11ヶ月マイナーチェンジ
1997年8月1年11ヶ月マイナーチェンジ
1999年12月2年4ヶ月2代目オデッセイ発売
2001年11月2年11ヶ月マイナーチェンジ
2002年10月1年11ヶ月マイナーチェンジ
2003年10月1年3代目オデッセイ発売
2006年4月3年6ヶ月マイナーチェンジ
2008年10月2年6ヶ月4代目オデッセイ発売
2011年10月3年マイナーチェンジ
2013年11月2年1ヶ月5代目オデッセイ発売
2017年11月4年マイナーチェンジ

 
ステップワゴンの上位車種にあたるオデッセイは、マイナーチェンジされて約2年後にフルモデルチェンジが行われています。
 
つまり、6代目オデッセイが発売されるのは2019年10月頃になるのではないかと予想できます。
 
また、ホンダは2019年にオデッセイをフルモデルチェンジ、2020年にステップワゴンをフルモデルチェンジしてくるのではないかと考えられます。
 
2019年にオデッセイのフルモデルチェンジを予定しているとなると、2019年中にステップワゴンがモデルチェンジされることはなさそうですよね・・・。
 
ライバル車もこぞって2020年にモデルチェンジされると予想できるので、やはり次期ステップワゴンは2020年に発売されそうですね!

ステップワゴン検討中の方へ


ステップワゴンの【最新】値引き情報安く買う方法は、下記の記事にまとめてあります。検討中の方は参考にどうぞ!
 
新型ステップワゴンの値引き相場情報【2020年5月】値引き限界を引き出す7つの交渉術

続きを見る


【まとめ】ステップワゴンのフルモデルチェンジは2020年夏が有力

ステップワゴン

ステップワゴンのモデルチェンジ周期やライバル車の動向から考察した結果、次期ステップワゴンの発売時期は2020年夏頃が有力そうです。
 
とはいえ今時点(2019年3月)でリーク情報やスパイショットが出てきていないため、次期ステップワゴンの開発が始まっているか怪しいところ・・・。
 
「少子高齢化が進む中、ファミリー層向けのミニバンは売れない」とホンダは考えているのかもしれません。
 
実際のところ、ホンダはN-BOXの売上が好調ですしね~。
 
もし次期ステップワゴンが開発されていたとしても、開発費が抑えられていると予想されます。
 
次期ステップワゴンには期待したいですが、現行5代目ステップワゴンの各機能をバージョンアップして、見た目を変えただけになるかも?
 
いずれにせよ、ステップワゴンのモデルチェンジ情報から目が離せません!

ステップワゴンをついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「ステップワゴン」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

ステップワゴンの値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみにステップワゴン自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.