ステップワゴンハイブリッドの売れ行き【どれくらい?】意外と不人気だった

2019年3月5日

ステップワゴン

「ミニバンといえばホンダのステップワゴン!」と言われるくらい口コミでも好評で、売れ行きも絶好調だった先代のステップワゴン。
 
しかし、現行5代目ステップワゴンの販売実績をみると、国産Mクラスミニバンのライバル車に大きく販売台数で引き離されて苦戦している状況です。
 
苦戦している理由は、現行5代目ステップワゴンが発売された当初、ハイブリッドモデルがなくて存在感が薄れていたから。
 
そこでホンダは2017年にステップワゴンのマイナーチェンジを行い、ハイブリッドモデルを追加しましたが・・・。
 
2019年現在もステップワゴンハイブリッドモデルの売れ行きは伸び悩んでいるようです。
 

  • どうしてステップワゴンハイブリッドは売れ行きが悪いの?
  • 実際にライバル車と比べてステップワゴンはどれくらい売れてないの?
  • ステップワゴンの何が不評で売れ行きが悪いの?

 
そんな疑問に答えるため、本記事ではステップワゴンの売れ行きについて、日本自動車販売協会連合会が公表している新車販売台数から考察してみました。

ステップワゴン検討中の方へ

お願いです。ステップワゴンを高く買わないでください。
 
ステップワゴンは値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

年度別にステップワゴンの売れ行きを調査してみた

調査

一般社団法人 日本自動車販売協会連合会が公表している新車販売台数を元にして、年度別にステップワゴンの売れ行きを調査してみました。

年度 新車販売台数 前年比 販売台数順位
2019年
(1月の統計)
4,762 96.1 14位
2018年 56,872 122.4 16位
2017年 46,457 88.5 14位
2016年 52,472 97.7 15位
2015年 53,699 125.6 17位
平均 42,852 106.06 15位

参考文献:乗用車ブランド通称名別順位 -自販連のホームページ
 
ステップワゴンの新車販売台数(ガソリン・ハイブリッドの合計)は毎年平均42,852台、販売台数順位は15位となっています。
 
新車販売台数を見ると、毎年同じくらいの台数しか売れていないのがわかります。
 
数値を見て分かる通り、ステップワゴンの売れ行きは悪そうですよね・・・。
 

国産Mクラスミニバンのライバル車と売れ行きを比較してみた

比較

ステップワゴンハイブリッドと同じ国産Mクラスミニバンのライバル車と売れ行きを比較してみました。

年度
新車登録台数
ステップワゴン ヴォクシー ノア セレナ
2019年
(1月の統計)
4,762 7,231 4,092 10,110
2018年 56,872 90,759 56,719 99,865
2017年 46,457 88,753 56,082 84,433
2016年 52,472 91,868 54,826 73,502
2015年 53,699 92,546 53,965 61,796
平均 42,852 74,231 45,137 65,941

参考文献:乗用車ブランド通称名別順位 -自販連のホームページ
 
2015年~2019年2月までの月間販売台数をみると、ステップワゴンが平均42,852台に対して、ヴォクシーが平均74,231台、セレナが平均65,941台、ノアが平均45,137台
 
ライバル車のヴォクシーとセレナに対して、ステップワゴンの売れ行きは苦戦しているのが目に見えて分かりますよね。
 
(意外にもステップワゴンとノアの販売台数は同じくらいです)
 

日産セレナの売れ行きの詳細はこちら

日産セレナe-POWERの売れ行きは?販売台数を元に人気を調べてみた
 
 
セレナに関して言えば、ステップワゴンと同様にハイブリッドを搭載していなかった期間(2016年~2017年)でもヴォクシーと同等の販売台数を誇っています。
 
ハイブリッドモデルがないセレナであっても販売台数が好調ということは・・・。
 
ハイブリッドがある・ないは、ステップワゴンの売れ行きが苦戦している理由にはならないのかも?
 

ステップワゴンの売れ行きが苦戦している理由

右肩下がり

ステップワゴンの売れ行きが苦戦している理由について、口コミ評判から分析した結果、3つの原因が見えてきました。
 

  1. 新型ステップワゴンハイブリッドモデルの価格帯が高い
  2. エクステリアのデザインが不満
  3. ガソリン車での加速感の不足

新型ステップワゴンハイブリッドモデルの価格帯が高い

価格が高い

新型ステップワゴンハイブリッドの売れ行きが悪い理由の1つとして、価格帯が高い事が挙げられます。
 

  • 新型ステップワゴンハイブリッドモデルの価格帯:3,300,480円~3,559,680円
  • 新型ヴォクシーハイブリッドモデルの価格帯:3,014,280円~3,269,160円

 
新型ステップワゴンハイブリッドモデルと新型ヴォクシーハイブリッドモデルの価格を比べると、約30万円の価格差があります。
 
Mクラスミニバンのライバル車の価格帯を見ても、新型ステップワゴンハイブリッドの価格帯が高いし、値引きも期待できないんですよね・・・。
 
やっぱり値段が高い車を買う上で”安い”というのは大きな魅力の一つだし、販売台数という数字の結果にも表れやすいですね。

ステップワゴンの値引き相場の詳細はこちら

新型ステップワゴンの値引き相場をみる
 

新型ステップワゴンハイブリッドモデルの価格が高い3つの理由

新型ステップワゴンハイブリッドモデルの価格が高い理由は3つあります。
 

  1. マイナーチェンジ前の販売状況で比較的人気の高かったSPADAに絞り込んだ
  2. ハイブリットシステムを採用したことによるコストアップ
  3. 下位グレードでは販売価格では回収しきれないと判断した

 
価格が高くなっている一番の理由はステップワゴンのハイブリットシステムです。
 
ステップワゴンハイブリットに搭載されているハイブリットシステムは、LFA型2.0Lアトキンソンサイクル直列4気筒DOHC VTECエンジン+走行用と発電用の2つのモーターを持ったSPORT HYBRID i-MMDのコンビネーション。
 
これはステップワゴンの上位車種アコードにも搭載されているハイブリットシステムで、最高出力は160kW(215ps)という高加速性能!
 
また燃費性能はJC08モードで25.0km/Lと燃費が良いのも特徴的です。
 
ステップワゴンハイブリッドの乗り心地や安定性・静粛性・ステアリングフィール・装備の充実度は、Mサイズミニバン全体を見渡しても一頭地を抜いて質感が高いです。
 
どうしても乗りたい・・・!
 
だったら足りない分のお金をどうにかするしか方法はないですよね(笑)
 
これ以上安く手に入らないなら、発想をを変えればいいんです!
 
実は「うまくやる方法」があるんですよね。
詳しくはコチラ。
 ↓ ↓ ↓
\知らないと絶対に後悔する/


⇒新型ステップワゴンをついに購入!しかも人より63万円も安く買えた理由がスゴイ
※230万人が利用した購入前必須のカンタン値引き方法!


 

エクステリアのデザインが不満

ステップワゴンの内装

先代のステップワゴンまでの売りであったエクステリアや内装のデザイン
 
現行5代目ステップワゴンのエクステリアや内装をみると、どことなくホンダ色がなくなったのも売れ行きが悪い原因です。
 
室内空間の広さに関して言えば、ステップワゴンとヴォクシーは変わりません。
 
【ステップワゴン】

  • 室内長:3,220mm
  • 室内幅:1,500mm
  • 室内高:1,425mm

 
【ヴォクシー】

  • 室内長:2,930mm
  • 室内幅:1,540mm
  • 室内高:1,400mm

 
数値だけみると室内の長さと高さはステップワゴンの方が広く設計されています。
 
しかし、ステップワゴンは3列目シートが狭いにもかかわらず3人乗りになっているから窮屈に感じます。
 
そこでステップワゴンは、バックドアのリアにドアのように横開き可能な「わくわくゲート」を採用。
 
「わくわくゲート」をくぐって3列目シートに着席できるホンダ独自の色を出しています。
 
他にもライバル車に比べてインテリアに高級感や質感を持たせてあったりと拡販に努めていますが・・・。
 
インテリアの高級感やエクステリアのデザイン面は、今じゃ日産セレナの独壇場になってしまいましたね。
 
新型ステップワゴンの内装【安っぽい?】画像から検証してみた
 

ガソリン車での加速感の不足

エンジンルーム

ステップワゴンのガソリン車は、他車のライバルミニバンにはないダウンサイジングターボエンジンが搭載されています。
 
しかし、ダウンサイジングターボエンジンの性能については、加速感が不足しているため不評です。
 
一方、ステップワゴンハイブリットモデルは2.0LエンジンにSPORT i-MMDと贅沢な仕様になっているため、加速感はガソリン車よりも改善されています。
 
加速感の不足に関して言えば、ステップワゴンのハイブリッドモデルを選べば解決しますが、価格帯が高いのがネックとなっています。
 
ステップワゴンの売れ行きを伸ばすには、ガソリン車の大幅なテコ入れも必要かもしれませんね~。
 
ステップワゴンの加速性能【0-100km/h加速タイム】は約8秒!
 

ステップワゴン検討中の方へ


ステップワゴンの【最新】値引き情報安く買う方法は、下記の記事にまとめてあります。検討中の方は参考にどうぞ!
 
新型ステップワゴンの値引き相場情報【2020年5月】値引き限界を引き出す7つの交渉術

続きを見る


まとめ

ステップワゴンはマイナーチェンジ前の売れ行きも苦戦しているし、マイナーチェンジで大幅に改善されてからも売れ行きに苦戦しています。
 
とはいえ、ステップワゴンSPADAハイブリットは、他のライバルミニバンより走りの性能もインテリアの高級感や質感も格段に上です。
 
自動車を購入する時は人気や評判が気になるお気持ちはわかりますが、最終的には自分が気に入ったかどうかだと思いますよ。
 
これから長く乗ろうとしている車であればあるほど、主観的に選んだ方が後悔しません。
 
後はステップワゴンとライバル車を試乗して乗り比べて、気に入った車を買うのがベストでしょう!

ステップワゴンをついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「ステップワゴン」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

ステップワゴンの値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみにステップワゴン自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.