新型デリカD5で車中泊【おすすめグッズ・マット紹介】工夫あれこれ

2019年5月7日

新型デリカD:5で車中泊

ビッグマイナーチェンジされた新型デリカD:5は車中泊を楽しむのに最高の1台!
 
純正アクセサリーには車中泊キットのパッケージも用意されているので、乗り出して直ぐに『キャンプ』や『自動車旅』へ行けちゃいます!
 
本記事では新型デリカD:5が車中泊に向いているのか徹底調査した結果と、おすすめの『グッズ』や『マット』をまとめてみました。
 

冬の車中泊特集はこちら

新型デリカD:5検討中の方へ

お願いです。新型デリカD:5を高く買わないでください。
 
新型デリカD:5は値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

新型デリカD:5での車中泊は余裕で可能

新型デリカD:5

新型デリカD:5が車中泊に向いている理由は3つあります。
 

  1. 室内空間が広々していて快適
  2. 車中泊に適したシートアレンジ
  3. 積載力は工夫次第で無限大に!

室内空間が広々していて快適

新型デリカD:5の内装

新型デリカD:5の室内空間は広々していて、車中泊でも快適に過ごすことができます。
 
【新型デリカD:5の室内空間の広さ】

室内長 2,980mm
室内幅 1,505mm
室内高 1,310mm

ちなみに『新型デリカD:5』と『前モデルのデリカD:5』の室内空間の広さを比較すると、室内幅・室内高に関しては変わりませんが、室内長は約7cm程高くなりました。
 
また、新型デリカD:5は車内の気密性が向上し、車外からの隙間風や車内温度の変化にも強くなっています。

車中泊に適したシートアレンジ

セカンドシート+サードフラットモード

新型デリカD:5は車中泊に適したシートアレンジも特徴的です。
 
2列目と3列目をフラットにすれば、かなり広い車内空間を作ることが可能。
 
ちなみに新型デリカD:5で車中泊をするのも最も適したシートアレンジは『セカンドシート+サードフラットモード』です。
 
ただし、7人乗りの場合は2列目シートの真ん中に窪んだ空間ができてしまうので、何かで穴埋めしないと快適に寝ることができません。
 
『セカンドシート+サードフラットモード』は8人乗りでこそ広大なスペースを作れるシートアレンジと言えます。
 
ちなみに新型デリカD:5を7人乗りにするか8人乗りにするかは、家族構成で決めるのが良いでしょう。
 
詳しくはコチラ▶新型デリカD:5【7人乗り8人乗り】どちらが良いか家族構成で決めよう
 
フロントシート+セカンドシートフラットモード

また、仮眠するだけなら『フロントシート+セカンドシートフラットモード』というシートアレンジがおすすめです。
 
2列目シートを斜め45度にリクライニングして、背もたれにもたれれば十分に足を伸ばせる状態にもなれます。
 
『フロントシート+セカンドシートフラットモード』はシートのセッティングの手間も少ないので、パーキングエリアで足を伸ばして休憩したい時にも良いですよ~。
 
いずれにせよシートを倒しただけでは床面の段差が気になって寝れない方も多いはず…。
 
新型デリカD:5で快適に車中泊したいなら、床面の段差を解消するマットは必須ですね。

積載力は工夫次第で無限大に!

新型デリカD:5の積載力

新型デリカD:5が車中泊に向いているのは積載力の高さにもあります。
 
3列目シートを跳ね上げて、2列目シートを一番後方にスライドしても十分な荷室スペースを確保できます。
 
4人家族分のキャンプ道具を積むくらいであれば、余裕で後方視界も確保できますよ!
 
新型デリカD:5のシート下の収容

シート下の収容も高さが十分にあるので、シートベッドの上に物を置かなくて済みます。
 
新型デリカD:5はスペース効率に優れたミニバンボディの強みを存分に堪能しつつ、工夫次第で積載力は無限大に広がります!

新型デリカD:5での車中泊におすすめのアイテム

新型デリカD:5での車中泊におすすめのアイテムをまとめてみました。

『純正アクセサリー』と『社外品アクセサリー』それぞれ便利なアイテムを紹介します。

車中泊におすすめの純正アクセサリー

新型デリカD:5の車中泊におすすめの純正アクセサリー

新型デリカD:5での車中泊におすすめの純正アクセサリーは下記3点です。

  1. コンフォートパッケージ
  2. プライベートカーテン
  3. ワンタッチモスキートネット

コンフォートパッケージ

コンフォートパッケージ

コンフォートパッケージは車中泊キットと言えるパッケージです。
 

【コンフォートパッケージの内容】

  • サイドカーテン
  • ジョイントクッション
  • ワンタッチサンシェード

価格:99,036円(税込)

 
上記3点を単品で購入するよりもセットで購入する方が約15,000円お得になります。
 

サイドカーテン

サイドカーテンは車内を見られるのを防ぐだけでなく、遮光性・消臭・抗菌・防汚にも優れています。
 
光を遮ってくれるだけでなく、レジャー用品などでカーテンが汚れても染み込まないから安心です。

ジョイントクッション

ジョイントクッションとは、いわゆる車中泊マットのことです。
 
ジョイントクッションには低反発加工がされていて、シートの凹凸や人体の骨格と重量による衝撃を軽減してくれます。
 
新型デリカD:5での車中泊で快適に寝たいなら、ジョイントクッションは必須のアイテムと言えるものです。

ワンタッチサンシェード

ワンタッチサンシェードは新型デリカD:5のフロントガラスにぴったりと収まります。
 
社外品のサンシェードでは隙間ができてしまい日が差し込みますが、ワンタッチサンシェードは純正なので隙間ができないのも良いですね~。
 
ワンタッチサンシェードはフロントからの視線をカットするだけでなく、夏場の駐車時の日除けとしても使えます。

プライベートカーテン

プライベートカーテン

【プライベートカーテンの内容】

  • バックドア×カーテン

価格:11,880円(税込)

 
プライベートカーテンは車中泊以外にも何かと役立つアイテムの1つです。
 
特に着替えるスペースを確保するときや、日陰を確保するときに重宝しますね。
 
プライベートカーテンはバックドア×カーテンで、純正なので新型デリカD:5の車幅にも合っています。

ワンタッチモスキートネット

ワンタッチモスキートネット

【ワンタッチモスキートネットの内容】

  • 網戸

価格:10,584円(税込)

 
ワンタッチモスキートネットとは、サイドガラスに取り付ける網戸です。
 
なぜ網戸がおすすめなのかと言うと、車中泊ではエンジンを切るのが原則なのでエアコンが使えないからです。
 
網戸があれば換気&車内温度の調整ができるので、夏場の車中泊では必須のアイテム。
 
そしてワンタッチモスキートネットがあれば、サイドガラスを全開にしても『虫』や『蚊』が車内に入ってこないのも優れています。
 
ワンタッチモスキートネットは純正なのでサイドガラスにぴったりと収まるし、簡単に装着できるのも良いですね~。

車中泊におすすめの社外品アクセサリー

車中泊におすすめの社外品アクセサリー

新型デリカD:5での車中泊におすすめの社外品アクセサリーは下記3点です。

  1. プライバシーサンシェード
  2. コンパクト扇風機
  3. 大型車用車止め

プライバシーサンシェード

プライバシーサンシェード

【プライバシーサンシェードの内容】

  • サンシェード

価格:6,000円~15,000円(税込)

 

純正アクセサリーのサンシェードは新型デリカD:5のサイズに合わせて作られているけど、、、価格が高いのがデメリット!
 
何度も車中泊をするわけでもないし、もっと安くサンシェードを手に入れたいなら『社外品のサンシェード』がおすすめです。
 
社外品のサンシェードはコスパが良いし、価格も安くて6,000円(税込)~手に入ります。
 
ただし、社外品のサンシェードは新型デリカD:5のフロントガラスのサイズに合わせて作られているわけではありません。
 
もし社外品のサンシェードを購入される場合は、新型デリカD:5のフロントガラスのサイズよりも若干大きいものを選ぶのが良いでしょう。

コンパクト扇風機

コンパクト扇風機

【コンパクト扇風機の内容】

  • 扇風機

価格:1,000円~3,000円(税込)

 

車中泊はエンジンを切ってしまうため、必然的にエアコンは使えません。
 
そして夏場の車中泊は窓ガラスを全開にして網戸を設置しても暑すぎます(汗)
 
そこで夏の車中泊に重宝するのがコンパクト扇風機です。
 
アクセサリーコンセントや携帯バッテリーから電力をもらえば、エンジンを切っていても扇風機を使うことができます。
 
夏場の車中泊での暑さを極力しのぎたい方は、コンパクト扇風機がおすすめです。

大型車用車止め

大型車用車止め

【大型車用車止めの内容】

  • 車止め

価格:1,000円~3,000円(税込)

 

車中泊をするなら車止めを用意しておきましょう。
 
新型デリカD:5は車重が重く、ブレーキに掛かる圧力が時間と共に弱まります。
 
最悪の場合、ちょっとした坂道から転げ落ちてしまう可能性も十分考えられます。
 
また荷物をたくさん載せて車体が傾く状態のときでも必ず車止めを付けておきましょう。

新型デリカで車中泊におすすめのマット

オンリースタイル 車中泊専用マット

車中泊マットの社外品はたくさんありますが、その中でも特におすすめなのが『オンリースタイル 車中泊専用マット』です。
 

【オンリースタイル 車中泊専用マットの特徴】

  • 表面はサラサラした感触かつ柔らかいポリエステル
  • 裏面はスウェード調ノンスリップ生地により滑り止め効果および気温の低い時期でも使用可能
  • 樹脂製ワンタッチ空気バルブの採用で簡単かつ確実に空気バルブの開放開閉が可能
  • 軽くてコンパクトなサイズ(展開時:約198cm×66cm×10cm/収納時:約73cm×20cm)

 

 
新型デリカD:5で2列目と3列目をフラットモードにして使う場合は、オンリースタイル 車中泊専用マットを2枚並べるのが丁度よいです。
 
オンリースタイル 車中泊専用マットの厚さは約10cmあるので、この上で寝れば段差はほぼ解消できるので快適に寝ることができます。
 
またオンリースタイル 車中泊専用マットはオールシーズンに対応しているので、夏はサラサラ冬はぬくぬくで寝心地も良いですよ。

【まとめ】新型デリカD:5で車中泊を楽しもう!

新型デリカD:5

新型デリカD:5は車中泊に最も適したミニバンと言っても過言ではありません。
 
ボディサイズは大きいし悪路走破性にも優れているので、海や河原、山の中などより自然に近い場所で車中泊できますよ。
 
純正アクセサリーにはコンフォートパッケージ(車中泊キット)も用意されているので、新型デリカD:5を納車してスグに車中泊へ行けちゃいます。
 
車中泊を思いっきり楽しみたいなら、ビッグマイナーチェンジされた新型デリカD:5に乗り換えて遊び尽くしちゃいましょう!
 

冬の車中泊特集はこちら

新型デリカD:5をついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「新型デリカD:5」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

新型デリカD:5の値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみに新型デリカD:5自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.