【新型デリカD:5】ディーゼルとガソリンどっち買う?比較してみた

2019年4月12日

デリカD:5

フルモデルチェンジされた新型デリカD:5のエンジンは『ディーゼル』で、駆動方式は『4WD』のみ!残念ながら『ガソリン車』のラインナップはありません。
 

  • ガソリン車が欲しい方は『従来モデルのデリカD:5』
  • ディーゼル車が欲しい方は『新型デリカD:5』

 
新型デリカD:5は車両重量が重いので、パワーが優れているディーゼル車がおすすめです。
 
最新の安全装備(自動ブレーキやACC)も装備されていますからね~。
 
しかし、クリーンディーゼルエンジンは機構が複雑なため、車両本体価格が高いのがデメリット。
 
デリカD:5を普段使いの街乗りしか乗らないなら、車両価格が安いガソリン車の方が良いかもしれません。
 
でも新型デリカD:5が『デザインも一新』され、『安全装備』や『走行性能』は従来モデルよりも上です。
 
だから『ディーゼル』と『ガソリン』、どっちのデリカD:5を買うか迷いますよね…。
 
そこで本記事では、『新型デリカD:5のディーゼル』と『従来モデルのデリカD:5(ガソリン)』どっちを買うべきか、価格や燃費・維持費などを徹底比較してみました。
 

新型デリカD:5検討中の方へ

お願いです。新型デリカD:5を高く買わないでください。
 
新型デリカD:5は値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

新型デリカD:5のディーゼルとガソリン車を比較

デリカD:5

新型デリカD:5のディーゼルと従来モデルのガソリン車について、購入する際に気になる以下の項目を比較してみました。
 

  • 車両本体価格
  • 燃費
  • 維持費(税金)
  • 性能面
  • 内装
  • 外装

ディーゼルとガソリン車の車両本体価格を比較

車とお金

車両本体価格 グレード(4WD)
ディーゼル 4,082,400円 G-Power Package
ガソリン 3,218,400円 G-Limited package
価格差 約86万円

 
新型デリカD:5のディーゼルと従来モデルのガソリン車の車両本体価格を比較した結果です。
 
ディーゼルとガソリン車では『約86万円の価格差』があります。
 
また購入時に適用されるエコカー減税については、『新型デリカD:5のディーゼル車』と『従来モデルのガソリン車』で減税される金額に差があります。
 
新型デリカD:5(ディーゼル車)のエコカー減税は、『自動車取得税』と『自動車重量税』ともに免税です。
 
また、クリーンディーゼル補助金も適用されます。
 
従来モデルのガソリン車はエコカー減税の対象外になります。
 
つまり、新型デリカD:5のディーゼルと従来モデルのガソリン車は、エコカー減税の分だけ丸々購入費に差が出てきます。
 
ちなみに新型デリカD:5(ディーゼル車)のエコカー減税額は、2.2M/4WD車の場合で約12万円です。
 
新型デリカD:5のディーゼルと従来モデルのガソリン車の価格差(約86万円)は、減税額分の差(約12万円)によって約74万円まで差が小さくなります。
 
この価格差をどう捉えるかは、ディーゼル車とガソリン車の燃費を比較してみると分かりやすくなります。

ディーゼルとガソリン車の燃費を比較

ディーゼルとガソリン車の燃費

カタログ燃費(4WD) 実燃費(4WD)
ディーゼル 13.0km/L
(JC08モード)
10.65km/L
(平均実燃費)
ガソリン 10.6km/L
(JC08モード)
8.35km/L
(平均実燃費)
燃費差 約2.4km/L 約2.3km/L

 
新型デリカD:5のディーゼルと従来モデルのガソリン車の燃費は、約2.3~2.4km/Lの差があります。
 
カタログ燃費と実燃費(e燃費のデータ参考)の差はほとんどありませんが、実際の使用状況によって異なります。
 
また、新型デリカD:5のディーゼルと従来モデルのガソリンの燃料代を、平均実燃費から試算してみました。
 
【試算の条件】

  • 1年間に10,000km走行する
  • 燃料代は【軽油:110円】【ガソリン:130円】とする

 

年間の燃料代 計算式
ディーゼル 103,290円 10,000km÷10.65km/L=939L
939L×110円=103,290円
ガソリン 155,740円 10,000km÷8.35km/L=1,198L
1,198L×130円=155,740円
価格差 52,450円

 
1年間で10,000kmを走行した場合、新型デリカD:5の方が52,450円安くなります。
 
新型デリカD:5のディーゼルと従来モデルのガソリン車は、車両本体価格の差が約74万円(減税適用後)なので…。
 
元を取るには、約74万(車両本体価格の価格差)÷約5万円(燃料代の差)=約14.8万km分の走行距離が必要になります。
 
年間10,000km走行したと想定すると、元が取れる年数は約15年、年間20,000km走行では約7年、年間30,000km走行では約2年です。
 
新型デリカD:5(ディーゼル)と従来モデル(ガソリン車)の価格差を埋めたいなら、かなりの走行距離と期間が必要です。
 
つまり、新型デリカD:5(ディーゼル)は、1年間に走る走行距離が長く、何年も乗り続けたい人向けです。
 
普段使いの街乗りしか乗らないなら、車両価格が安い従来モデルのガソリン車が良いでしょう。

新型デリカD:5の燃費の詳細はこちら

新型デリカD:5【燃費調査】ディーゼルの燃費が改善された秘密とは

ディーゼルとガソリン車の維持費(税金)を比較

自動車税

ディーゼル ガソリン
自動車重量税 免税(0円) 30,000円
(25%減税)
自動車取得税 免税&非課税(0円) 68,800円
(20%減税)
自動車税 約33,500円
(登録翌年度:約11,500円)
約39,500円
(登録翌年度:減税なし)

 
新型デリカD:5のディーゼルと従来モデルのガソリン車にかかる維持費(税金)は、『自動車税』と『自動車重量税』、『自動車取得税』の3つ。
 
ちなみにデリカD:5のディーゼル車ほどの減税率がある車は、他のミニバンにはありません。
 
エコカー減税制度を使ってオトクに乗換えたいなら、新型デリカD:5がおすすめです。
 
また、2019年10月の消費税10%増税に伴い、自動車取得税が廃止され、代わりに『環境性能割』が導入されます。
 
環境性能割とは、環境負荷軽減(燃費基準値達成度など)に応じて、非課税・1%・2%・3%の4段階に区分けされています。
 
そして環境性能割にはエコカー減税が適用されない可能性があります。
 
何故かと言うと、エコカー減税は以下の期間限定の制度だからです。
 

  • 自動車重量税:平成31年4月末までに登録した車
  • 自動車取得税:平成31年3月末までに登録した車

 
環境性能割とエコカー減税、どちらを選ぶ方が良いかは『状況次第』で変わります。
 
というのも、政府が『環境性能割の一時免除』や『エコカーの購入支援制度』なども現在検討中だからです。
 
いずれにせよ少しでもお得に車を買い替える方法は『環境性能のより良い車を購入すること』です。
 
新型デリカD:5はエコカー減税は免税(100%の減税)なので、増税後も免税の優遇措置が受けられる可能性が高い上に、普段の維持費も安価で済みますね~。

税金について詳しくはこちら

新型デリカD:5の税金いくら掛かる?エコカー減税や自動車税まとめ

ディーゼルとガソリン車の性能面を比較

新型デリカD:5の走行性能

ディーゼル ガソリン
パワー
加速
加速の伸び
頑丈さ
燃費の良さ
静音性

 
新型デリカD:5(ディーゼル)と従来モデル(ガソリン)の性能差について、上記6つの項目を比較してみました。
 
新型デリカD:5も従来モデルも、ボディ全体の剛性が飛躍的に高く、衝突安全性だけでなく操縦安定性や静寂性もあります。
 
性能差で大きいのは、やはりエンジンですね~。
 
新型デリカD:5は低回転から力強いトルクで、高回転までスムーズに加速するディーゼルで、パワーに加速、燃費の良さは抜群に良いです。
 
しかし、ディーゼルエンジンは構造上、どうしてもカラカラと音がうるさいのがデメリット。
 
最近のクリーンディーゼルは音が静かになったと言われますが、人によってはディーゼルエンジンの騒音が気になるかも?
 
従来モデルのガソリン車は、車重が重たいデリカD:5を走らせるにはパワー不足感があり、燃費も悪いです。
 
ディーゼルよりも優れている点は、エンジン高回転時の加速の伸びと、エンジン音の静音性です。
 
性能差については新型デリカD:5の方が軍配が上がるため、後はエンジン音の静音性を試乗で確認してみるのが良いでしょう。

新型デリカD:5の加速性能はこちら

新型デリカD:5の加速性能【0-100は何秒?】ディーゼルの最高速を徹底調査

ディーゼルとガソリン車の内装を比較

デリカD:5のディーゼルとガソリン車の内装の違い

新型デリカD:5(ディーゼル)と従来モデル(ガソリン車)の内装は、ほとんど違いがありません。
 

新型デリカD:5の内装の詳細はこちら

新型デリカD:5【内装まとめ】デザイン一新で大変貌を遂げた!
 
内装で唯一違うのは『シフトパターン』です。
 
新型デリカD:5(ディーゼル)は『8速スポーツモードA/T』が搭載されました。
 
従来モデル(ガソリン車)は、スムーズな加速走行性が得られる『CVT』が搭載されています。
 
車重が重たいデリカをCVTで動かすのはパワー不足感があり、壊れやすいとも言われている点が懸念されます。
 
↓詳しくはコチラ↓
デリカD:5の故障が多い理由は【経年劣化】リコール情報を元に解説

ディーゼルとガソリン車の外装を比較

デリカD:5

新型デリカD:5の外装は、2018年11月のビッグマイナーチェンジ(実質的なフルモデルチェンジ)により、フロントフェイスがオラオラ感のある顔つきになりました。
 
従来モデルは馴染みのあるデリカらしいデザインなので、新型デリカD:5と明確な違いが出ています。
 
ネット上では、新型デリカD:5のフロントフェイス変更について『賛否両論の意見』が飛び交っていますが、個人的にはイカツイ現代風な顔になったのは嬉しいですね。
 
ヴェルファイアやヴォクシーなど、イカツイ切れ長のフロントフェイスを見慣れたせいか、従来デリカの顔つきは優しすぎるかな?と感じます。
 
新型デリカD:5のフロントフェイスに関しては、写真で見るのと実物を見るのとでは感じが違うので、実物をあなたの目で見て確かめるのが良いでしょう。

新型デリカD:5のディーゼルとガソリンのメリット・デメリット

メリット・デメリット

新型デリカD:5のディーゼルと、従来モデルのガソリン車について、メリット・デメリットをまとめてみました。
 

新型デリカD:5(ディーゼル)のメリット・デメリット

新型デリカD:5

【新型デリカD:5(ディーゼル)のメリット】

  • ガソリン車よりも燃費が良い
  • 燃料が単価の安いディーゼル(軽油)だから年間のランニングコストが抑えられる
  • ディーゼルは低速トルクが大きいので、雪道や悪路での走破性能が高い
  • 最新の安全装備(ACC/自動ブレーキ)が装備されている
  • 発売されたばかりだから乗っているだけで他の人とは違った優越感を味わえる

 
【新型デリカD:5(ディーゼル)のデメリット】

  • ガソリン車の車両本体価格よりも『約86万円』も高い
  • ガソリン車の元を取るには『かなりの走行距離』と『期間』が必要です。
  • ガソリン車よりもエンジン音がうるさく、振動も大きい
  • 4WDのラインナップが用意されていない(2WDがない)
  • 高速度域からの加速が伸びない(新東名の120km区間の追い越しはキツイ)
  • アクセルを踏んだ時のレスポンスがガソリン車よりも良くない

デリカD:5(ガソリン)のメリット・デメリット

デリカD:5

【従来モデル(ガソリン車)のメリット】

  • 新型デリカD:5よりも車両本体価格が約86万円安い
  • 高回転域まで自然に速度が伸びていき、加速性能が良い
  • 2つのエンジン(2.0リットル/2.4リットル)から選べる
  • 2.0リットルエンジンにはリーズナブルな2WDのラインナップがある
  • 2WD車はオートストップ&ゴー(アイドリングストップ)が装着されているからエコ運転が可能
  • 2.4リットルエンジンはトルクが大きく加速フィーリングが良い

 
【従来モデル(ガソリン車)のメリット】

  • ディーゼル車よりも燃費が悪い
  • 単価の高いレギュラーガソリンを燃料にするためランニングコストがかかる
  • 車重が重たいデリカD:5を走らせるには『2.0リットルガソリンエンジンはパワー不足』
  • 低トルクからのパワーがなく、加速力もない
  • 2.4リットルガソリンエンジンに2WD車のラインナップがない
  • 車重が重たいデリカD:5をCVTで動かすとCVTが壊れやすくなると言われている

【まとめ】ディーゼルとガソリンどっちのデリカを買うかは使い方次第

デリカD:5

新型デリカD:5(ディーゼル)と従来モデル(ガソリン車)、どっちのデリカが良いかは”あなたの使い方次第”です。
 
【新型デリカD:5(ディーゼル)がおすすめな人】

  • 年間走行距離が長く、新型デリカD:5を何年も乗り続けたい人
  • 購入価格は高くても良いから4WDの性能を活かした使い方をしたい人
  • 燃料費を少しでも安く抑えたい人
  • 低トルクからスムーズに加速するディーゼルエンジンのフィーリングが好きな人
  • 最新の安全装備が装備されているデリカが欲しい人

 
【従来モデルのデリカ(ガソリン)がおすすめな人】

  • 少しでも安い値段でデリカを買いたい人
  • デリカを街乗りでしか使わない人
  • アクセルレスポンスが良いリニアな加速感を味わいたい人
  • デカく頑丈なデリカに憧れているけど価格がネックに感じている人

 
後は実際に『新型デリカD:5(ディーゼル車)』と『従来モデルのデリカ(ガソリン車)』を試乗で乗り比べてみて、自分のフィーリングに合った方を選べば間違いありません。
 
ちなみにデリカのフルモデルチェンジを待ち望んでいた人が多く、新型デリカD:5の予約が殺到し、納期が遅れているという情報もあります。
 
↓詳しくはコチラ↓
新車デリカD:5【納期は1~2ヶ月】納期遅延や待ち状況を徹底調査
 
今年は増税前ということもあり、駆け込み需要で更に納期遅れが発生するかもしれません。
 
そうなると三菱自動車のディーラーも交渉を焦らせてくるので、十分な値引き交渉ができず、言われるがままに購入契約の印鑑を押されてしまう可能性があります。
 
余裕をもって値引き交渉をするためにも、早めに販売店へ行き、デリカの購入を検討されるのが良いでしょう。
 
また、以下で紹介する『値引き交渉術』を覚えておくと、新型デリカD:5をお得な値段で買えちゃうかもしれませんよ↓

新型デリカD:5をついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「新型デリカD:5」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

新型デリカD:5の値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみに新型デリカD:5自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.