デリカD:5は乗り心地が悪い?【新型で改善】カチッとした乗り味!

2019年4月23日

新型デリカD:5と旧型デリカD:5
 
他のミニバンと比べデリカD:5は乗り心地が悪いと感じる人も多いはず…。
 
デリカD:5はディーゼルエンジンだから音がうるさいし、振動も大きいので乗り心地が悪いと感じるんですよね~。
 
でもビッグマイナーチェンジで登場した新型デリカD:5は乗り心地が改善され、カチッとした安定感のある乗り味になりました。
 
そこで本記事では、「デリカD:5の乗り心地が悪いと言われている理由」「新型デリカD:5で乗り心地が改善されたポイント」をまとめてみました。
 

新型デリカD:5検討中の方へ

お願いです。新型デリカD:5を高く買わないでください。
 
新型デリカD:5は値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

デリカD:5の乗り心地が悪い3つの理由

デリカD:5

デリカD:5の乗り心地が悪い理由は、下記3つの原因が考えられます。

【デリカD:5の乗り心地が悪い理由】

  1. エンジン音がうるさくて車酔いするから
  2. シートが固いから
  3. 室内高が低くて圧迫感があるから

エンジン音がうるさくて車酔いするから

デリカD:5のエンジン

デリカD:5はディーゼルエンジンが搭載されているため、エンジン音がうるさくて車酔いする人も多くいらっしゃいます。
 
ディーゼルエンジンは馬力があってオフロードに強く、スポーティに走れるのがメリットですが、エンジン音がうるさくて振動が大きいというデメリットもあります。
 
また、デリカD:5は静寂性を追求した作りではないし、どちらかと言うとオフロードの走破性が重視されています。
 
もし今乗っている車が「ハイブリッド」で「アイドリングストップ機能」がついているなら、デリカD:5に乗り換えると余計にエンジン音がうるさいと感じ、乗り心地も悪くなってしまうかもしれません。

シートが固いから

デリカD:5のシート

デリカD:5の後部座席(2列目シート)と3列目シートは、リヤのサスペンションが良いから乗り心地が良いと言われています。
 
しかし、デリカD:5のシートは他のミニバンよりも固いため、乗り心地が若干悪いと感じました。
 
決してシートのクッション性が悪いわけではないのですが、薄い座布団に座っている感じがしますね。
 
走っている時はサスペンションのおかげでシートが固いとは感じないのですが、停車時はずーっと座ってられないかも。
 
また、背面シートを倒した時、シートの座面に高低差ができてしまうため、完全なフラットにはできません。
 
だからデリカD:5のシートをフラットで使用すると、乗り心地がめっちゃ悪いです(汗)
 
フラットにできるのは停車時のみなので、デリカD:5を走行中に乗り心地が悪いと感じることはありませんが…。
 
シートの固さの感じ方によっては、他のミニバンよりも乗り心地が悪いと感じるかもしれません。

室内高が低くて圧迫感があるから

デリカ内装

デリカD:5は室内高が低くて圧迫感があるため、乗り心地が悪いと感じるかもしれません。
 
ライバル他社のミニバンの室内高は140cm程と広々した空間ですが、デリカD:5の室内高は130cmしかなく、かなり狭いと感じるかもしれません。
 
また、シート座面から天井までの高さは104.5cmなので、座っていても天井が近く感じるため圧迫感があります。
 
特に体が大きい方がデリカD:5に乗ると、余計に窮屈に感じるため、乗り心地はかなり悪くなりますね…。
 
やはり室内空間が狭いと感じると、圧迫感があって乗り心地も悪くなりますね~。
 
ミニバンだからこそ室内空間は広々していた方が良いと思うのですが、デリカD:5は室内空間が狭いのが残念な点です。
 
以上3つの原因が、デリカD:5の乗り心地の悪さに繋がっています。
 
ところが、ビッグマイナーチェンジされた新型デリカD:5は「乗り心地が改善された!」とネット上では評価されています。
 
そこで新型デリカD:5の乗り心地がどう改善されたのか”3つのポイント”にまとめてみました。

新型デリカD:5で乗り心地が改善された3つのポイント

新型デリカD:5

新型デリカD:5で乗り心地が改善されたポイントは下記3つが挙げられます。

【新型デリカD:5で乗り心地が改善されたポイント】

  1. 各部の取付け剛性が高くなった
  2. ディーゼルだとわからないほどエンジン音が静かになった
  3. シートの座り心地がゆったりした感じになった

各部の取り付け剛性が高くなった

新型デリカD:5のシャーシ

もともとデリカD:5は剛性が高い車でしたが、ビッグマイナーチェンジした新型デリカD:5は各部の取付け剛性も高くなったと感じました。
 
新型デリカD:5に試乗してわかったのが、「ダンパー」と「スプリング」、「プッシュ類」のチューニングが旧デリカD:5よりも適切であるということ。
 
少しオーバーなステアリング操作でも、適度なロールをもちつつ、大きな車体をグッと堪える動きは乗っていて気持ちが良いです。
 
ライバル他社のミニバンは乗っていてミシミシという軋み音が聞こえますが、新型デリカD:5はそのような音はしませんでした。
 
道路から歩道をまたいでコンビニに入る時もガタガタ揺れないので、新型デリカD:5のボディ剛性の良さを感じられました。
 
これだけ揺れないボディ剛性があれば、「新型デリカD:5は乗り心地も改善された」と言われても納得できます。

ディーゼルだとわからないほどエンジン音が静かになった

新型デリカD:5のエンジン

新型デリカD:5のエンジンを始動すると、旧デリカD:5とは比べ物にならないほど静寂性が感じられます。
 
走り出しても振動を感じないし、静寂性も相まって乗り心地もずっと良くなっていますね。
 
新型デリカD:5のディーゼルエンジンは8速ATが搭載されただけでなく、燃料を噴出する「インジェクションシステム」やエンジンと車体をつなぐ「エンジンマウント」も見直されています。
 
ディーゼルエンジンの全体的な見直しによって、新型デリカD:5の静寂性がアップしたと言っても過言ではありません。
 
力強く静かなディーゼルエンジンを兼ね備えた新型デリカD:5の乗り心地は、旧デリカD:5とは比べ物にはならないほどです。
 
もちろん乗り心地や静寂性だけでなく『燃費』も良くなっているのも注目ポイント!
 
新型デリカD:5【燃費調査】ディーゼルの燃費が改善された秘密とは
 

シートの座り心地がゆったりした感じになった

新型デリカD:5のシート

新型デリカD:5の内装は、「アウトドア感のある内装」から『高級感のある内装』へと変更になりました。
 
高級感のある内装になったことで、シートの座り心地がゆったりとした感じになりましたね。
 
室内空間の広さは変わっていませんが、高級感のある内装の演出が相まってか、シートの座り心地はかなり良いです。
 
新型デリカD:5は「車高」と「床面」が高くてタイヤも大きいため、走りはカチッとした安定感のある乗り味です。
 
実際に新型デリカD:5に乗ってみると、旧デリカD:5と全く違うイメージに衝撃を受けました。
 
新型デリカD:5に合った高級感をすべて投入して、ライバル他社のミニバンに対抗している感じが伝わりますね。
 
↓詳しくはこちら↓
新型デリカD:5【内装まとめ】デザイン一新で大変貌を遂げた!

デリカD:5の乗り心地に関する口コミ評判

口コミ評判

デリカD:5の乗り心地に関する口コミ評判をまとめてみました。
 


【デリカD:5は乗り心地が良い口コミ評判】

デリカは車体剛性が半端なく強いのでサスペンションが設計通りに動きます。
なので、変な揺らされ方も無いですし揺れは極少に収まります。
ロールは車重なりにしますが、ロール速度が遅いのでハイスピードのコーナーでも怖くありません。
車両躯体の剛性は、フレーム車両と同等の素晴らしさだと思います。
オフロードもそこそこの新雪も普通に走ります。
サスのストロークも大きくゆったり乗れる感覚です。
車酔いの酷い人が乗っても、酔わないと絶賛されました。
とても安定しており、乗り心地はいいですよ。
変なフワフワ感もなく、かといってサスが硬すぎる訳でもないと思います。
シートも3列目までしっかりしており、家族みんな気に入ってます。
高速クルージング時の安心感もレベルが違いますよ!
アルファードの前に乗っていたプラドにあった安心感が戻ってきた!と、心の中で喜んでいます。
車酔いする嫁さんがあまり酔わないので、足回りいいと思います。
レンタカーで新型のノアを半年乗ったけど、足回り柔らかすぎました。
比べる車が違うけど、デリカの乗り心地はいいと思います。
仲間が乗る高級ミニバンに比べると、足が長く慣れ親しんだ四駆チックな足回りで大変満足しています。
河原の走行等、何の問題ありません。
この前、ガソリンスタンドから道路にでるとき、気が付かずに縁石部から落ちましたが、ショックを良く吸収してくれて、何事もありませんでした。

【デリカD:5は乗り心地が悪い口コミ評判】

ディーゼルは経年劣化で多少振動を感じると思います。
車酔いする人は微振動でも酔いますからガソリンかな?
砂利林道を走ると小キズが凄いですよ。
アスファルトの切れ目なんかにがつんと当てると、ハンドルのセンターは簡単に狂います。
このあたりのヤワさはまるで乗用車です。

 
まとめると、

  • 車体剛性が半端なく強くてサスペンションが設計通りに動くから高速コーナーも怖くない
  • サスのストロークも大きくゆったり乗れる感覚
  • 高速クルージング時の安心感も他のミニバンとレベルが違う
  • 車酔いする人でもあまり酔わない※微振動で車酔いする人はいる
  • 四駆チックな足回りで大変満足
  • 砂利林道を走ると小キズが凄い
  • ハンドルのセンターは簡単に狂う

 
デリカD:5の口コミ評判では、乗り心地に満足している人が多くいらっしゃいました。
 
やはりデリカD:5は車体剛性の強さ四駆チックな足回りのおかげで、走っている時の安心感が違うようですね。
 
一方でディーゼルエンジンの微振動で車酔いする人もいるようです。
 
もし家族に車酔いしやすい人がいる場合は、デリカD:5のガソリンモデルを検討してみるのも良いと思います。
 
↓詳しくはこちら↓
【新型デリカD:5】ディーゼルとガソリンどっち買う?比較してみた

新型デリカD:5検討中の方へ


新型デリカD:5の【最新】値引き情報安く買う方法は、下記の記事にまとめてあります。検討中の方は参考にどうぞ!
 
三菱 新型デリカD:5値引きどれくらい?2020年限界相場を調査

続きを見る


【まとめ】デリカD:5は旧型と新型では別次元の乗り心地

新型デリカD:5と旧型デリカD:5

デリカD:5は旧型と新型では別次元の乗り心地です。
 
ビッグマイナーチェンジされた新型デリカD:5はの乗り心地は、今までのデリカとは全くの別物と考えた方が良いかもしれません。
 
新型デリカD:5の評判は良いものばかりではありませんが、乗り心地の面に関して言えばデリカ史上最強だと思いました。
 
デリカらしからぬ顔つきになった新型デリカD:5ですが、まだまだ見慣れていないだけで実物を見ると感じ方が違ってきます。
 
また、実際に三菱自動車のディーラー店へ行って試乗してみると、乗り心地の違いにも驚かされますよ。

新型デリカD:5をついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「新型デリカD:5」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

新型デリカD:5の値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみに新型デリカD:5自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.