ヴォクシーの不具合・リコール情報【80系】たった1件の重大欠陥とは

2019年5月27日

80系ヴォクシーの不具合・リコール情報

現行3代目にあたるR80G/W型(80系)ヴォクシーは2014年に発売され、早4年が経過しました。
 
4年間も経つと、80系ヴォクシーに乗るユーザーも増え、いろいろな不具合の報告も増えているはず。
 
これから80系ヴォクシーを買おうと思っているなら、不具合やリコール情報があると「買っても大丈夫かな?」って、不安に思いますよね・・・。
 
そこで本記事では、80系ヴォクシーの不具合やリコール情報を調べてまとめてみました。

ヴォクシー検討中の方へ

お願いです。ヴォクシーを高く買わないでください。
 
ヴォクシーは値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

80系ヴォクシーのリコール情報(2014年~2018年)

リコール通知の封筒

3代目にあたる80系ヴォクシーのリコール情報について、2014年(発売年)~2018年までに発表されている情報を『トヨタ リコール等情報 | トヨタ自動車WEBサイト』で調べてみました。
 
その結果、3代目80系ヴォクシーで実際に起きたリコールは、タカタ製エアバッグの不具合を原因とするリコール1件だけでした。
 

リコールの概要

1.不具合の状況
エアバッグ制御システムにおいて、(1)加速度センサまたは(2)圧力センサ内ICチップの製造条件が不適切なため、IC内部で断線することがあります。そのため、エアバッグ警告灯が点灯し、エアバッグが正常に作動できないおそれがあります。
 
2.改善の内容
全車両、各センサの製造番号を点検し、該当する場合は良品と交換します。
 
3.対象車両

型式 通称名 対象の車台番号 製作期間 対象車の台数
DBA-ZRR80G
ノア
ヴォクシー
エスクァイア
(※)
ZRR80-0130226~
ZRR80-0171289
平成27年 5月20日~
平成27年10月27日
1,010
DBA-ZRR85G ZRR85-0032795~
ZRR85-0042689
平成27年 5月20日~
平成27年10月27日
388
DAA-ZWR80G ZWR80-0115927~
ZWR80-0155716
平成27年 5月20日~
平成27年10月27日
2,663
DBA-ZRR80W
ノア
ヴォクシー
(※)
ZRR80-0130248~
ZRR80-0171307
平成27年 5月20日~
平成27年11月 5日
980
DBA-ZRR85W ZRR85-0032792~
ZRR85-0042659
平成27年 5月20日~
平成27年10月27日
212

リコール情報元:https://toyota.jp/recall/2018/0131.html

 
3代目80系ヴォクシーが発売されてから4年経ちますが、1件だけしかリコール情報がないのは驚きました。
 
それだけヴォクシーの完成度が高くて、安心できる車だということですよね~。
 
ただし、万が一の事故を考えると、タカタ製エアバッグの不具合は大問題なので、早めにリコールを受けましょう。
 
そして80系ヴォクシーの中古車を購入する場合も、必ずタカタ製エアバッグのリコールが改修されているか確認しましょう。
 
また、80系ヴォクシーのリコール情報は1件だけでしたが、不具合は何件かあるようです。
 
次の項目では80系ヴォクシーの不具合について、オーナーさんの情報をまとめてみました。

80系ヴォクシーの不具合情報

80系ヴォクシーの不具合

80系ヴォクシーに乗っているオーナーさんによると、下記3つの不具合が多いようです。
 

  1. エンジン関係(アイドリングの不調)
  2. リアハッチバックのアブソーバーに錆が発生する
  3. アクセルが反応しない

 

エンジン関係(アイドリングの不調や異音)


 
80系ヴォクシーはアイドリングの不調が多いようですね。
 
特にエンジンに問題が発生すると、アイドリング時のエンジン回転数が短い周期で上下したり、突然回転数が下がったりと安定しません。
 
アイドリングが不調の状態が悪化すると、アイドリング中に突然エンストしたり、Dレンジ(ドライブ)に入れて停止していると車体が前後に揺れたりするそうです。
 
他にもアイドリング時にエンジンから異常な音がしたり、エンジン音が不規則だったり・・・。
 
ヴォクシーのアイドリングが不調な原因は、主にエンジン内部の汚れの蓄積であることが多いそうです。
 
また、関連部品の故障や整備不良など、原因は1つとは限らず、複数の原因によってアイドリング不調を起こすと言われています。
 
アイドリング不調の対処法は、強力な洗浄系添加剤を使って汚れを除去することです。
 
街乗りや1回の運転距離が短いヴォクシーには効果が現れやすいとか。

また、ヴォクシーのアイドリングは、専用のバッテリーが使われているんですよね・・・。
 
アイドリングストップ専用のバッテリーは消耗しやすくて、これが交換するとなると値段が高い!!(カー用品店で4万くらい、ディーラーなら倍くらい)
 
アイドリングストップで稼いだ燃費(ガソリン代)とバッテリー代だったら、バッテリー代の方が高くなる人の方が多そうです・・・。
 
不具合も多いし、アイドリングストップで稼げる燃費は少ないし、、、一層のことアイドリングストップをOFFにした方が良いかも。
 

ヴォクシーの燃費について詳しくはこちら

ヴォクシーの燃費は悪い?【実燃費の口コミあり】ガソリン代を算出して徹底検討
 
 

リアハッチバックのアブソーバーに錆が発生する

リアハッチバック(バックドア)のアブソーバー(ダンパー)の部分にサビが発生する事例があるようです。
 
特に80系ヴォクシーの前期型で出ていた事例で、後期型では対策品が出ているため発生はないようですね。
 
対策品も保証(タダ)で直してくれるそうなので、中古の80系ヴォクシーを購入した際はバックドアのダンパーのサビを確認しましょう。
 
【最新】ヴォクシー12年・10年・5年落ちの買い取り相場|高く売るコツとは?
 

アクセルが反応しない

アクセルが反応しない不具合があるようですね。
 
電気系統の不具合のようですが、2019年5月現在では特にリコール情報は出ていませんでした。
 
ヴォクシーのアクセルが反応しないトラブルについては、何人か同じ症状が出ているため、何かしらのリコールが行われるのではないかと予想されます。
 
どのタイミングでアクセルが反応しない不具合が出るかわからないので、ヴォクシーに乗っている人は安全運転を常に心がけましょう。
 
ちなみに同じトヨタ車のシエンタも同様の現象が発生しているようなので、どこかのタイミングでリコールされるはずです…。
 
参考新型シエンタのリコールや不具合【事例まとめ】最悪エンジンは破損の恐れあり
 

トヨタのリコールはどこでも受けれるの?

車を整備している写真

トヨタのリコールは全国どこでも受けれます。
 
しかし、時期が古いリコールの場合は交換部品がすぐに無いものも考えられますので、最寄のディーラーに問い合わせてください。
 
また、保証書に明記されていますが、お買い上げの販売店だけでなく、全国のトヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店いずれの系列、TOYOTAの指定のサービス工場でもリコールを受けることができます。
 
ヴォクシーの場合には、カローラ店またはネッツ店でリコールを受けるのが無難なところです。
 
ちなみにヴォクシーのリコール情報や対象車両かどうかは、下記のサイトから確認できます。
該当するリコール等の内容と実施状況の検索(TOYOTA)
 
リコールに関して、詳しくは『トヨタ自動車株式会社 お客様相談センター』へお問い合わせください。
 

連絡先

フリーコール:0800-700-7700
※受付日 365日年中無休、受付時間 9:00~18:00

ヴォクシー検討中の方へ


ヴォクシーの【最新】値引き情報安く買う方法は、下記の記事にまとめてあります。検討中の方は参考にどうぞ!
 
ヴォクシーの値引き【渋い】見積もり値引き目標額は50万が限界か

続きを見る


まとめ

ヴォクシー

80系ヴォクシーのリコール情報は、2019年5月現在では1件だけ(タカタ製エアバッグの不具合)でした。
 
しかし80系ヴォクシーのオーナーさんの声を聞くと、不具合は何件か出ているようですね・・・。
 
特に『アイドリングストップの不具合』や『アクセルが反応しない不具合』は、そのうちリコールされそうな気がしてなりません。
 
とはいえ、80系ヴォクシーはリコール情報が1件しかないため、完成度が高くて安心できる車です。
 
そして現行3代目の80系ヴォクシーは、2019年1月に発売された特別仕様車"煌(きらめき)Ⅱ"によって完成したと言えます。
 
これ以上の変更点は次期4代目ヴォクシーに持ち越されるのではないかと考えられます。
 
ヴォクシーのフルモデルチェンジ【最新情報】2020年まで待つべき?
 
今年は10月に増税を控えているので、3代目80系ヴォクシーを購入するか検討中かもしれませんが、増税前は駆け込み需要で納期が遅くなる可能性もあるので注意しましょう。

ヴォクシーをついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「ヴォクシー」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

ヴォクシーの値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみにヴォクシー自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.