新型レクサスのミニバンLM【最新情報】上海モーターショー2019で出る!

2019年4月5日

新型レクサス ミニバンLM

レクサス(LEXUS)の台湾部門から初のミニバンである「レクサスLM」が出るかもしれません!
 
レクサスLMは既に商標登録がされており、販売される可能性はかなり高くなっています。
※2018年6月12日に日本の特許庁に「LM300h」「LM350」を商標登録済。アメリカでも同日に商標出願しています。
 
「LM300h」と「LM350」を商標登録
ちなみに車種名のLはレクサスの各ジャンルフラグシップ(ラグジュアリー)、Mはミニバンではないかと予想されています。
 
アジア圏では超高額にもかかわらずアルファード等のミニバンのセールスが好調だし、社用車や財界等でもミニバンタイプの採用が増えている事情も踏まえると、ラグジュアリーな「ミニバン」タイプの可能性が濃厚!
 
レクサス(LEXUS)の台湾部門のフェイスブックに掲載された情報によると、中国で4月16日から開催される上海モーターショー2019で新型車を初公開すると発表されました。
 
レクサス(LEXUS)台湾部門のフェイスブックに投稿されていた画像
 
画像を見ると、レクサスのミニバンLMはポジションランプの下にウィンカーがある”シーケンシャルウィンカー”が採用されていそうです。
 
グリルのデザインはLSのような格子になっているので、かなり高級感がありますね!
 
エンブレムがかすかに青みがあるので、公開された画像はハイブリッドモデルのようです。
 
また、海外の車情報メディア(motor1.com)を見ると、新型レクサスのミニバンLMの画像がありました。
 
デルタ型のヘッドライトは、まさにレクサス(LEXUS)台湾部門のフェイスブックに投稿されていた画像と同じように見えますね。
 
でも、グリルのデザインが格子になっていないので、motor1.comがレクサスのミニバンLMを予想して作ったイメージ画像かも。
 
新型レクサス ミニバンLMの予想画像
画像引用元:https://www.motor1.com/news/316055/lexus-minivan-rumor-shanghai/
 

新型レクサス ミニバンLMの価格はアルヴェル以上!?

車の見積もり

新型レクサス ミニバンLMの価格は発表されていませんが、現行アルヴェル以上になると思います。
 
現行アルヴェルの価格帯は330万円~730万円なので、新型レクサス ミニバンLMは800万円~1,000万円と超高所得層狙いになると予想されます。
 
ロイヤルラウンジ

また、アルヴェルには7・8人乗りを4人乗りにしてしまう豪華な仕様「ロイヤルラウンジ」が用意されています。
 
ロイヤルラウンジ仕様のアルヴェルは、後部座席がレクサスLSのようにマッサージ機能ディスプレイコントロール、さらに24インチの液晶TVも搭載されています。
 
アルヴェルのロイヤルラウンジ仕様の価格は1,500万円以上とLS並の販売価格。
 
もし、新型レクサス ミニバンLMにもロイヤルラウンジ仕様が用意されているなら、販売価格は2,000万円に近くなるかも・・・。
 
販売価格だけ見ても、まさに高級車って感じですよね。
 

新型レクサス ミニバンLMに搭載されているエンジン

レクサスのエンジン
 
商標登録されている新型レクサス ミニバンLM(LM300h/LM350)に搭載されているエンジンは、ハイブリッドモデルとガソリンモデルの2バリエーションが用意されています。
 
LM300hにはハイブリッドモデルのエンジンが搭載され、LM350にはガソリンモデルのエンジンが搭載されています。
 
【ガソリンエンジン(3.5L)】

  • 3.5L V6エンジン「2GR-FKS」
  • 最高出力:318ps/6600rpm
  • 最大トルク:38.7kgm/4800rpm

 
【ハイブリッド(2.5L)】

  • 直列4気筒2.5L「Dynamic Force Engine」(エンジン+モーターハイブリッド)
  • エンジン最高出力:178ps/6000rpm
  • エンジン最大トルク:22.5kgm/4200-4800rpm
  • モーター最高出力:143ps
  • モーター最大トルク:30.6kgm

新型レクサス ミニバンLMに搭載予定の安全装備

安全装備のイメージ画像

新型レクサス ミニバンLMに搭載予定の安全装備は、レクサスLSと同じ「LEXUS Safety System+(単眼カメラ+ミリ波レーダー)」です。
 
LEXUS Safety System+はアルヴェルの安全装備(セーフティ・サポートカーS<ワイド>)よりも上なので、安全性能はかなり充実していますね。
 
【LEXUS Safety System+の安全装備一覧】

  • 全車速追従型レーダークルーズコントロール
  • レーントレーシングアシスト(LTA)
  • レーンチェンジアシスト(LCA)
  • アクティブ操舵回避支援機能付プリクラッシュセーフティシステム
  • ドライバー異常時停車支援システム
  • 上下2段式アダプティブハイビームシステム
  • ロードサインアシスト

 
デジタルアウターミラー

また、レクサスESに世界初採用された「デジタルアウターミラー」も、新型レクサス ミニバンLMに搭載される可能性があります!
 
デジタルアウターミラーは車両左右後方の映像を車内のディスプレイに表示し、夜間や雨天時の視認性が向上する安全装備です。
 
新型レクサス ミニバンLMは、ミニバン史上最強の安全装備が備わりそうですね!

新型レクサス ミニバンLMのインテリア

新型レクサス ミニバンLMのイメージ画像

新型レクサス ミニバンLMのインテリアは、アルヴェル以上の豪華な仕様になると予想されています。
 
現行アルヴェルのインテリア「エグゼクティブラウンジ」にマッサージ機能などが追加され、シート素材もセミアニリン本革になるはず。
 
また、アルヴェルのインテリアは3D木目調パネルになっていますが、新型レクサス ミニバンLMは本木目パネルが採用されそうです。
 
高級ミニバンにふさわしいインテリアになるのは間違いありません。
 
いずれにせよ上海モーターショー2019で新型レクサス ミニバンLMのインテリアの全貌が明らかになります!楽しみですね!

新型レクサスのミニバンLMは逆輸入できるの?

輸入車を運ぶ船

新型レクサスのミニバンLMは既に日本で商標登録されているとはいえ、上海モーターショー2019で発表されるため、アジア圏(タイやマレーシア)での先行発売が予想されます。
 
日本よりも先に新型レクサスのミニバンLMをアジア圏で発売するのは、アルヴェルのセールスがアジア圏で好調だからではないでしょうか。
 
そうなると日本で新型レクサス ミニバンLMが発売されるのは、かなり先になりそうですよね・・・。
 
少しでも早く新型レクサス ミニバンLMに乗りたい場合は、逆輸入するしかありません。
 
レクサスを逆輸入して販売してる業者もあるので、新型レクサス ミニバンLMも逆輸入車を買えるようになるかもしれませんよね。
 
ちなみに逆輸入した新型レクサスのミニバンLMは、日本の規格や法規に適合するように整備し直した上で、「排ガス検査」や「予備検査」を受けなければ公道を走れません。
 
さらに、任意保険に入る際、逆輸入車だと割高になるケースや加入に断られるケースもあります。
 
新型レクサスのミニバンLMを逆輸入してでも乗りたいなら、事前調査をしっかり行ってから購入しましょう!

【まとめ】続報は上海モーターショー2019開催を待て!

上海モーターショー2019

アルヴェルに乗っている人は、新型レクサスのミニバンLMの存在が気になりますよね。
 
でも、現在公開されている新型レクサスのミニバンLMの詳しい情報は、レクサス(LEXUS)の台湾部門のフェイスブックに掲載された情報だけです。
 
しかし、「LUXURY OF SPACE(空間に対してのアプローチ)」というメッセージを見る限り、新型レクサスはミニバンであると予想されています。
 
新型レクサス ミニバンLMの最新情報は、中国で4月16日から開催される上海モーターショー2019の開催を待ちましょう!

新車のヴォクシーをついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「ヴォクシー」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

ヴォクシーの値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみにヴォクシー自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.