セレナe-POWERの口コミ【意外な辛口評価はコレ!】まとめてみた

2019年7月19日

セレナe-POWERの口コミ

日産セレナe-POWERの口コミ・評判について、ネットや雑誌の情報をみると、かなり高い評価をされています。
 
しかし、実際にセレナe-POWERを購入された方の口コミを調査していくと、意外な辛口評価が多いことに驚きました。
 
そこで本記事では、セレナe-POWERの口コミについて、「価格.com」や「みんカラ」「SNS(twitter)」から調査して分かった”辛口評価””良い口コミ”をまとめてみました。
 
また、セレナe-POWERの口コミから見えてきた”強み””弱み”も解説していきますので、購入する際の参考にしてみてください。

セレナe-POWER検討中の方へ

お願いです。セレナe-POWERを高く買わないでください。
 
セレナe-POWERは値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

セレナe-POWERの辛口評価をまとめてみた

辛口の評価

まずはセレナe-POWERが辛口評価されている口コミをご紹介します。

確かに走りは良かったのですが、値段の割に内装はイマイチ、期待していたからチョットガッカリです。
3列目を跳ねあげると2列目のリクライニングが倒せなくなるから、せっかくのロングスライドが台無し。
ノアヴォクやステップワゴンを見習ってほしい。

決定的に残念なのは、シートヒーターのスイッチの位置が引き出し式ドリンクホルダーの下にあることです。
ドリンク置いたらスイッチ押せない…。ドリンク置かなくても運転中は操作しにくい…。ドリンクホルダー自体の位置が使いにくいし、スイッチ類とドリンクホルダーの位置の配置はもっと何とかならなかったのかな~と思います。
他にも「不思議な位置にあるな~」と思うスイッチが数カ所あります。

加えて腰高なのでロールがそれなりにあり、一言で言えば酔いやすい部類の乗り心地。
ミニバンとはまぁそんなものと言えばそれまでですが、この車の場合価格不相応です。

辛口評価まとめ

  • 値段の割に内装はイマイチ
  • スイッチ類があちこちに散らばっていて使い難い
  • 価格が高い
  • 車酔いしやすい部類の乗り心地

値段の割に内装がイマイチ

セレナe-POWERの内装

セレナe-POWERの口コミを調べていると、特に辛口評価が多かったのが内装面です。
 
値段の割に内装がイマイチで、価格にマッチしていない」という口コミが多いですね。
 
所有感を刺激する見た目が乏しくて、e-Power専用のプレミアム感がドア開けた時に無いのが残念です。
 
また、内装面で特に残念に感じたのが、スイッチの類があちこちに散らばってしまっているところ。
 
よく使っているシートヒーターのスイッチが、引き出し式ドリンクホルダーの下にあって押しにくいんですよ。
 
「何でこの位置にスイッチを付けちゃったの!?」って思うくらい残念極まりない・・・。
 
スイッチの位置なんてちょっとしたことなんですが、そのちょっとしたことがストレスになるんですよね~。
 
あと、3列目を跳ねあげると2列目のリクライニングが倒せなくなるのが意味わかりません。
 
ノア・ヴォクシーのように跳ね上げても2列目がリクライニング出来るようにして欲しいですね。
 

価格が高い!!

セレナe-POWERの価格

セレナe-POWERは、安全装備やプロパイロット、ナビなどのフルオプション、諸経費、メンテナンスパック込みだと450-500万円と高額なクルマです。
 
車全体の値段が上がっているのもあるけど、安いとは言えないですよね?
 
しかし、セレナe-POWERは1200ccで税金34,500円というお得感はありますね。
 
価格が高い部分は「燃費」や「税金面」で優遇はされていますが、ぶっちゃけ元を取るのは難しいです・・・。
 
セレナe-POWERは元を取るというより、e-POWERドライブの楽しさや居住性の高さなどにお金を払う車なのかなと思いました。
 
また、セレナe-POWERはオプション設定が細かいので、予算に応じてオプション削りながら購入出来るのは大きなアドバンテージです
 

(オプションでの抱き合わせは、もう少し細かく設定させて欲しい気はしますが…)

 

車酔いしやすい

口を抑える女性

セレナe-POWERは腰高なので、ロールがそれなりにあり、一言で言えば酔いやすい部類の乗り心地です。
 
ミニバンだからそんなものと言えばそれまでですが、セレナe-POWERの場合は価格不相応に感じました。
 
だって同価格帯のステップワゴンは、1列目から3列目までしっとりした乗り心地で、子供も快適に乗れていましたからね。
 
また、アクセルペダルの踏み加減を調整するだけで発進、加速、減速、停止までをコントロールすることができるe-Pedalは、楽しいけど慣れが必要です。
 
特にアクセルペダルを離してからのブレーキが結構きつくかかるので、同乗者は酔いやすいと思いました。
 
セレナe-POWERの乗り心地面は近所の試乗だけではなかなか分からない部分なので、酔いやすい家族がいる場合は”悪路”や”峠”で試乗させてもらうのも良いかも知れません。
 

ステップワゴンの辛口評価はこちら

ステップワゴンスパーダハイブリッドの口コミ【辛口評価】は価格と内装
 
 

セレナe-POWERの良い口コミ・評価まとめてみた

良い口コミ

続いてセレナe-POWERの良い面が評価されている口コミをご紹介します。

スッキリと洗練されたフロント、リアの造形は満足感を高めてくれます。
特筆すべきはこのクラスで唯一ツートンカラーも選べること!
黒&白のツートンモデルは欧州車にも通じる先進的なデザインセンスを感じました。
とにかくユーティリティが候補の中でダントツに優れている印象です。
シートテーブルやUSBといった細かい部分の装備がとても良いです。

前車と比べたら感動ものです
今までのガソリン代でローンが払えます

外観から内装、走行性能全てにわたり家族共気に入っています。
大切に乗りたいと思います。

良い口コミ・評価まとめ

  • スッキリと洗練されたフロント・リアの造形は満足感を高めてくれる
  • ユーティリティが優れている
  • 燃費は満点で文句なし

洗礼されたエクステリア

セレナe-POWER

セレナe-POWERのスッキリと洗練されたフロント・リアの造形は、多くの方が良いと評価しています。
 
C27にモデルチェンジしてかっこいいスタイルになったし、e-powerのブルーのラインが良いアクセントになっていますよね~。
 
精悍だけど威圧感もなく、素晴らしいデザインだと思います。
 
また、セレナe-POWERはツートンカラーも選べるのも良いですね!
 
多くのミニバンは黒や白一色で味気ない感じがしますが、セレナe-POWERの黒&白のツートンモデルは先進的なデザインセンスを感じました。
 
セレナe-POWERのエクステリアは、攻めすぎず引きすぎず、まさにバランスの良い感じが受けているのでしょう。
 

ユーティリティが優れている

セレナe-POWERのシートテーブル

セレナe-POWERは「シートテーブル」や「USB充電」といった細かい部分の装備がとても良いです
 
特に「USB充電」は、運転席と助手席以外に存在するところが100点満点!各座席にUSBがあるから、充電には困りません!!
 
また、シートの具合も良いですね~。程良い硬さも有ります。
 
2列目のキャプテンシートは1列目と同等の座り心地。3列目の座り心地は少し落ちますが、空間は十分確保されています。
 
そして2列目シートを横スライド出来、3列目からの乗降スペースが十分確保できます。これには家族全員が驚きました(笑)
 
子育て目線で言えば、2列目と3列目でミニテーブルが利用できるので、車中食では大変便利!ドリンクホルダーも十分です。
 
センターコンソールも荷物が置けて悪くないし、収納も多くサンバイザーも日よけに使えて良いですよ。
 
セレナe-POWERの内装は安っぽく、スイッチ類の配置場所がおかしいですが、ユーティリティが優れている面は素晴らしいですね。
 

燃費は満点で文句なし!

セレナe-POWERの燃費

セレナe-POWERの燃費はそれほど良くないとの口コミもありますが、【車の重さ】と【加速性能】等を考えれば非常に燃費は良いです。
 
ぶっちゃけセレナe-POWERで燃費がイマイチと評価するなら、他のミニバンは燃費が悪すぎで使い物にならないということになります(笑)
 
もちろん、セレナe-POWERの燃費は運転者によって大きく左右される部分です。
 
でも、ディスプレイのパワーメーターの指示位置がECO領域を維持するように運転すると、燃費が向上するのでエコドライブが身に付きやすいですね。
 

ちなみに市街地走行の場合、燃費計はリッター20km前後になることもありますが、エコドライブをまったく無視して運転すると10キロちょい位になります(汗)

 
また、セレナe-POWERの燃費については、ライバル車のステップワゴンSPADAハイブリッドと比較されていることが多いですが、燃料タンクの容量が違うことにお気づきですか?
 
実はセレナe-POWERの燃料タンクの容量は、ステップワゴンSPDAハイブリッドよりも3リッター多いんですよね。
 
つまり、セレナe-POWERの方がステップワゴンSPADAハイブリッドよりも50kmほど長距離走れるため、燃費にも影響しているんです。
 
セレナe-POWERはマナーモードを上手に使うと燃費は良くなるので、バッテリー残量とのバランスをとりながら運転すれば、さらに燃費向上すると思いますよ。
 

セレナe-POWERの燃費情報はこちら

日産セレナe-POWER【実燃費は悪い?】燃費を良くするコツとは
 
 

セレナe-POWERの口コミから見えてきた強みと弱み

セレナe-POWER

セレナe-POWERの口コミから見えてきた”強み”と”弱み”は下記のとおりです。

【強み】と【弱み】

【強み】
クラストップの燃費
 
【弱み】
車両価格が高い部分

セレナe-POWERの強みはクラストップの燃費

メリット

セレナe-POWERの一番の強みは、やはりクラストップの燃費でしょう!
 
どのグレードを選んでも、ライバル車よりも優れた燃費を誇れるのはセレナe-POWERだけですからね~。
 
そしてセレナe-POWERの燃費に貢献しているのが、アクセルのみで加速から停止まで可能になるワンペダル(e-PEDAL)です。
 
e-PEDALはアクセルを緩めるとモーターによる回生ブレーキがかかるので、ガソリン車では味わえない新鮮なドライブフィールを味わえます。
 
また、ペダルの踏み変え回数が減るため、長距離ドライブでの疲労感を軽減できるのもポイント!
 
セレナe-POWERのモータードライブによる静粛性とスムーズな加減速は、2列目や3列目に座る人も快適な移動空間になることは間違いありません。
 

セレナe-POWERの弱みは車両価格が高い部分

デメリット

セレナe-POWERの一番の弱みは車両価格が高い部分です。
 
モーターや高価なリチウムイオンバッテリー、先進技術などが搭載されているため、どうしても車両価格が高くなってしまうのです。
 
どのくらい高くなるのかと言うと、セレナのガソリン車と比較して40~50万円のアップ。
 
セレナe-POWERハイウェイスターVグレードに、プロパイロットや純正ナビを装着すると、総支払額で400万~500万になる高額車です(汗)
 
でも、セレナe-POWERはオプション設定が細かいので、予算に合わせて削れるのはメリットであり、デメリットでもあり・・・。
 
というのも、テレビCMで大々的にアピールしているプロパイロット機能がメーカーオプションですからね。
 
オプションでの抱き合わせ装備もあるので、日産の商売上手なところが垣間見られます(笑)
 
でも、オプションを削ればセレナe-POWERの総支払額は400万円台に収まるので、付けるべきオプションを精査すれば手が届きやすくなりますよ。
 
どうしても付けたいオプションがあるけど、予算的に厳しい場合は、下記の方法を利用してみてください。
 
ちょっと嘘くさいかもしれませんが、知っておくだけで日本一安いセレナe-POWERが手に入ります。

セレナe-POWER検討中の方へ


セレナe-POWERの【最新】値引き情報安く買う方法は、下記の記事にまとめてあります。検討中の方は参考にどうぞ!
 
日産セレナe-POWER【値引き情報】2020年5月の限界相場

続きを見る


まとめ

セレナe-POWER

セレナe-POWERの良い口コミ・辛口な口コミをまとめると

  • 値段の割に内装がイマイチ
  • 価格が高い
  • 洗礼されたデザインがカッコ良い!
  • 子育て目線で考えられたユーティリティが充実している
  • 燃費は大満足の100点満点!!

といった結果になりました。
 
やはりセレナe-POWERの口コミは、価格面の辛口な評価が多かったですね~。
 
でも、e-POWERの燃費性能や先進技術の凄さが広まってきたおかげもあり、価格設定も許容範囲が広がっている印象を受けました。
 
またセレナe-POWERは2019年8月にマイナーチェンジが行われるので、さらにコスパの高いミニバンになることでしょう。
 

セレナe-POWERのマイナーチェンジ最新情報はこちら

セレナe-POWERマイナーチェンジいつ?2019年8月1日予定
 

セレナe-POWERをついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「セレナe-POWER」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

セレナe-POWERの値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみにセレナe-POWER自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.