ヴォクシー4WDの性能【雪道や悪路は走破できる?】評価してみた

2019年6月19日

ヴォクシー4WD雪道走行や燃費はどう?

ヴォクシーはミニバンには珍しい4WDの設定があり、降雪地域の方に人気の1台。また、ウィンタースポーツを楽しまれる方も、ヴォクシー4WDの雪道走行や燃費はどうなのか気になりますよね。
 
もちろん、ヴォクシーの2WDでも様々な走行安定機能により、凍結した路面、濡れた路面、悪路でも安心して走れるように改善が加えられています。しかし、それでも4輪で駆動するヴォクシー4WDの走行性能には及びません。
 
ただし、ヴォクシー4WDはヴォクシー2WDよりも価格が高くて燃費も低下します。でも、安定した走行を求めるなら、ヴォクシー4WDの走行性能は強い味方になるのは間違いありません。
 
そこで本記事では、ヴォクシー4WDの走行性能について「雪道走行の性能」や「燃費性能」などを評価してみました。

ヴォクシー検討中の方へ

お願いです。ヴォクシーを高く買わないでください。
 
ヴォクシーは値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

ヴォクシー4WDの性能について

アクティブトルクコントロール

ヴォクシー4WDの性能を語る上で外せないのが「アクティブトルクコントロール」です。
 
アクティブトルクコントロールとは、普段は2WDで走行し、雪道などで車輪が滑り出した事を感知し、自動的に4WDに切り替わるシステムです。普段は2WDで走行するため、常時4WDで走行する車と比べて燃費が良く、状況に合わせた走りができます。
 
また、VSC・TRC・ABSなどの車両挙動を制御する装置と協調制御し、車両の姿勢を安定的に保つことができるため、個別に各機能が動作するよりもヴォクシーの姿勢を安定的に保つ事ができます。
 
そして、ヴォクシーのアクティブトルクコントロールは、各種センサーの情報から電子制御で駆動配分を変える事ができ、任意の条件で後輪に駆動力を配分できます。
 

後輪への駆動配分が作動する条件

  • 発進時
  • アクセル開度が一定以上ある場合
  • 傾斜がある場合
  • 前輪のスリップの予兆を検知した場合
  • 横Gが一定以上発生しているか、ステアリング角が一定以上ある場合

 
雪道や悪路などを走破できても、車体の姿勢が乱れていたり、滑った感触がハンドルやシートから伝わってくると疲労感が高まりますよね。アクティブトルクコントロールが備わっていれば、前輪が滑った場合の反応が機械式よりも速く、スリップの予兆段階で対処できるので安心感が違いますね~。
 
ヴォクシー4WDの性能は「アクティブトルクコントロール」のおかげで、雪道や悪路でも違和感なく乗れるのが最大のメリットです!
 

エンジン性能

ヴォクシーのエンジン

ヴォクシー4WDに搭載されているエンジンは、低燃費と高出力を両立する「バルブマチック」が進化しています。エンジンの燃焼効率を高め、ガソリン車でありながら大幅な燃費向上が実現されました。
 
また、低燃費とスムーズな走りをサポートしてくれる新開発のSupuer CVT-i(自動無段変速機)を搭載し、ワイドな変速比幅で燃費・静粛性・発進加速性能が向上しています。

ブレーキ性能

ヴォクシーのタイヤ

ヴォクシー4WDはフロントだけでなくリアにもディスクブレーキが搭載されています。
 
ちなみに、リアにもディスクブレーキが装備されているのは「ヴォクシー2WDの”ZSグレード”」だけですが、ヴォクシー4WDは全グレードに標準装備されています。
 
機敏な走行性能だけでなく、リア・フロントのディスクブレーキのおかげで安心感のある走りが実現しています。
 

ヴォクシーのグレードについて詳しくはこちら

ヴォクシーX・V・ZS【グレード毎の違いは何?】最適な選び方とは
 
 

車高

ヴォクシーの車高

ヴォクシー4WDの車高(全高)について、ヴォクシー2WDと比べると「ZSグレード」で45mm・「Xグレード」と「Vグレード」で40mmも高くなり、最低地上高は逆に5mm下がっています。
 
ヴォクシー4WDとヴォクシー2WDの室内寸法は変わらず、4WDシステムが搭載されるため「車高」と「車両重量」が変わります。
 

ヴォクシーZSグレード
(2WD)
ヴォクシーZSグレード
(4WD)
全高 1,825mm 1,870mm
最低地上高 160mm 155mm
車両重量 1,600kg 1,680kg
ヴォクシーVグレード
(2WD)
ヴォクシーVグレード
(4WD)
全高 1,825mm 1,865mm
最低地上高 160mm 155mm
車両重量 1,570kg 1,660kg
ヴォクシーXグレード
(2WD)
ヴォクシーXグレード
(4WD)
全高 1,825mm 1,865mm
最低地上高 160mm 155mm
車両重量 1,570kg 1,650kg

 

ヴォクシーのサイズについて詳しくはこちら

ヴォクシーのサイズ【運転しやすい?】ライバル車と横幅・高さ・長さを比較してみた
 
 

ヴォクシー4WDの雪道走行の性能評価


 
 
ヴォクシー4WDの雪道走行の性能は、車の性格的にそこまで得意ではありません。でも、降雪地域では4WDの安心感と強い要望により、ヴォクシーの2.0L車すべてに4WD車がラインナップされています。
 
ヴォクシーはFFベースのミニバンなので、基本的に雪道走行は問題ありません。そして、ヴォクシー4WDは機械式より速くスリップなどを察知して対処が可能な電子式の「アクティブトルクコントロール」が搭載されています。また、アクティブトルクコントロールは必要に応じて後輪にも駆動力を配分する形となっています。
 
ヴォクシーのアクティブトルクコントロールはVSC・TRC・ABSと協調制御して車両の姿勢を安定的に保つことができるため、雪道や悪路はもちろん、発進や加速時・登坂路・滑りやすい路面やコーナリング時も安心して運転できます。
 
とはいえ、ヴォクシーはミニバンなので雪道が得意というわけではありません。ミニバンで雪道を安心して走りたいなら、新型デリカD:5のほうが良いでしょう。
 

新型デリカD:5の走行性能の詳細はこちら

新型デリカD:5の走行性能について、詳しくはこちら
 

ヴォクシー4WDの燃費の性能評価

ガソリンを入れている人

ヴォクシー4WDの燃費は下記の通りです。

ヴォクシー4WDの燃費

  • カタログ燃費:14.8km/L(2WD:16.0km/L)
  • 実燃費(e燃費調べ):10.01~10.66km/L(2WD:9.7km~11.76km/L)
  • 平均実燃費(みんから調べ):10.34km/L

ヴォクシー4WDのカタログ燃費と実燃費は差が開いているため、使用状況によって燃費が大きく異なるのがわかりますね。
 
とはいえ、最新のヴォクシー4WDの性能は昔よりもはるかに向上しているため、効率的に駆動を4輪に振り替え、2WDよりも無駄な燃費を使わないようにもなっています。アイドリングストップ機能もあるし、スイッチ一つで低燃費にできるエコドライブモードスイッチも搭載されているため、燃費はさらに向上するでしょう。
 
もちろん車両重量はヴォクシー2WDよりも120kg重いので、ヴォクシー4WDのカタログ燃費に計算上差が出るのは当然です。ヴォクシー2WDも4WDも車両重量は1.5tを超えるし、120kgの差は大人二人分なので使用状況によって燃費が悪くなるのも事実ではあります。
 

ヴォクシーの燃費について詳しくはこちら

ヴォクシーの燃費は悪い?【実燃費の口コミあり】ガソリン代を算出して徹底検討
 

ヴォクシー検討中の方へ


ヴォクシーの【最新】値引き情報安く買う方法は、下記の記事にまとめてあります。検討中の方は参考にどうぞ!
 
ヴォクシーの値引き【渋い】見積もり値引き目標額は50万が限界か

続きを見る


ヴォクシー4WDグレードの価格

お財布を手に乗せている写真

ヴォクシー4WDグレードの価格は下記の通りです。

価格 特徴
ヴォクシー【X】4WDモデル 2,474,000円~(税抜) 必要な装備が揃っている基本的モデル
ヴォクシー【V】4WDモデル 2,742,000円~(税抜) 【装備品】
15インチアルミホイール
本革巻き3本スポークステアリングホイール
快適温熱シート(運転席・助手席)
消臭機能付シート表皮
ヴォクシー【ZS】4WDモデル 2,722,000円~(税抜) 【装備品】
16インチアルミホイール
内装色にオレンジ&ブラック設定可能
消臭機能付きシート表皮
フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+蓄冷エバポレーター付)

ヴォクシーの車両本体価格は、2WDよりも4WDの方が約20万円ほど高いです。
 
リセールバリューも流通量が少ない4WDの方が変動を受けやすく、また中古車市場にも数が出回りません。
 
ヴォクシーの値引き額は2WDも4WDも変わらないため、用途に合わせて選ぶのが良いでしょう。
 

ヴォクシーの値引き情報はこちら

ヴォクシーの値引き【渋い】見積もり値引き目標額は50万が限界か 
 

ヴォクシーハイブリッドは4WDの発売予定はなさそう

ヴォクシー

残念ながらヴォクシーハイブリッドには4WDの設定がありません。
 
なぜヴォクシーハイブリッドに4WDの設定がないのか、ネットでは色々な意見や憶測が広がっていますが、私は単純に燃費性能を高めたいからではないかと思っています。
 
そもそもハイブリッド車は、燃費性能を高めることに注視しており、車として重量のかさむ4WDは燃費を悪化させる原因となります。だからヴォクシーハイブリッドには2WDしか設定されていないのではないかと予想しています。
 
そして、ヴォクシーのライバル車にあたる『ステップワゴン ハイブリッド』も4WDの設定がなく、雪道での走行は大丈夫なのか心配されています。
 

ステップワゴンハイブリッド4WDの詳細はこちら

ステップワゴンハイブリッド4WDなし【雪道は平気?】走行性能を調査
 
 
また、次期ヴォクシーは2020年夏頃にフルモデルチェンジして登場すると予想されていますが、ハイブリッドモデルに4WDが設定される情報は入っていません。
 
でも、トヨタ プリウスには「E-Four」と呼ばれる電気式4輪駆動方式が設定できるので、もしかしたら次期ヴォクシーハイブリッドにもE-Fourが搭載されるかもしれませんね。
 
 

ヴォクシーのフルモデルチェンジ情報はこちら

ヴォクシーのフルモデルチェンジ【最新情報】2020年まで待つべき?
 

ヴォクシー2WDと4WDの違いは何?

ヴォクシー

ヴォクシー2WDと4WDの違いを下記にまとめてみました。
 

2WDと4WDの違い

  • リアディスクブレーキがヴォクシー4WD全グレードに標準装備されている
  • S-VSCにアクティブトルクコントロール4WD協調制御が追加されている

ヴォクシー4WDの長所

メリット

  • 四輪が駆動力を発揮するため、2WDよりも牽引力が大きく向上する
  • 雪道のような空転が発生しやすい路面で、各タイヤのトレッドにかかkる駆動力を分散させることができる
  • 悪路での脱出性や高速走行に優れている
  • エンジンブレーキによる制動力が四輪に分散されるため、ホイールロック(タイヤの滑走)までの限界が高い
  • ホイールロックからの回復が早い

ヴォクシー4WDの短所

デメリット

  • 4WD用の駆動系が追加されるため、構造が複雑で高コスト
  • 重量と抵抗が増えるため燃費が悪化する
  • デフを内蔵するライブアクスルでバネ下重量が増加し、路面追従性や乗り心地に影響する
  • ドライブシャフトやギアが追加されるため騒音が大きくなる

まとめ

雪道

ヴォクシー4WD性能評価まとめ

  • アクティブトルクコントロールにより状況に応じて2WD↔4WDの切り替えが行われる
  • 通常は2WDで走行しているため常時4WD車よりも燃費が良い
  • フロントに加えリアにもディスクブレーキが搭載されているため、安心感のある走りができる
  • 雪道での走行は得意ではないがアクティブトルクコントロールのおかげで安定感のある走りができる
  • カタログ燃費と実燃費で差があり、使用状況によって燃費の良し悪しが変わる

 
ヴォクシーはあくまでもミニバンなので、雪道での走行は得意ではありません。燃費も使用状況によっては悪いし、車両本体価格も2WDより20万円ほど高くなります。
 
それでもヴォクシー4WDは経済性や快適性は高いので、降雪地域にお住まいの方にはおすすめのミニバンです。
 

ヴォクシーの値引き情報はこちら

ヴォクシーの値引き【渋い】見積もり値引き目標額は50万が限界か
 
 

ヴォクシーをついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「ヴォクシー」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

ヴォクシーの値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみにヴォクシー自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.