ヴォクシー残クレ購入【月々の支払いは?】シミュレーションしてみた

2019年5月20日

ヴォクシーの残価設定型クレジット(残クレ)

ヴォクシーを残価設定型クレジット(残クレ)で購入すると、月々の支払いはいくらになるかシミュレーションしてみました。
 

  • 残価設定型クレジット(残クレ)の仕組みが知りたい
  • 残クレでヴォクシーを購入した場合のメリット・デメリットが知りたい
  • トヨタの残クレは審査に通りやすいのか知りたい
  • 繰り上げ返済が可能なのか知りたい

 
上記の情報が知りたい方は順に詳しく解説していきますので、このまま読み進めてください。
 
今すぐシミュレーション結果を知りたい方はこちらをクリック

ヴォクシー検討中の方へ

お願いです。ヴォクシーを高く買わないでください。
 
ヴォクシーは値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

残価設定型クレジット(残クレ)の仕組みについて

残価設定型クレジット(残クレ)とは、車の販売店で設定している分割型のローン契約のことです。
 
残価設定型クレジット(残クレ)の仕組みについて、下記の図にまとめてみました。
 
残価設定型クレジットの説明
 
残価設定型クレジット(残クレ)で車を購入する場合、『契約時に設定された年数(3年~5年)』や『車種』によって残価率が設定されます。
 
そして、設定された残価率から求められる残価を新車価格から引いた残金を、設定された年数で分割して支払っていきます。
 
残価設定型クレジット(残クレ)の特徴は、通常の分割払いに比べて月々の支払料金が大幅に減るところ。
 
「ローンを組んで車を購入したは良いけど、月々の支払いで家計が圧迫してしまう・・・」なんてことを防いでくれます
 
そして車の購入金額を全額支払わなくても良いので、手が届かない価格帯の車も購入できちゃいます。
 
また、残価設定型クレジット(残クレ)の支払いがを満了した際には、いくつかの選択肢が用意されています。
 

  • 別の新車へ乗り換える
  • ⇒3年契約なら車検を通す必要がないため費用を浮かせたまま次の新車に乗り換えられる
    ⇒5年契約なら1度だけ車検を通す必要があるが、交換が必要な箇所が少ないはずなので費用を低く抑えられる
     

  • 車を返却する
  • ⇒車を返却する
     

  • 残価を一括またはローンで支払って買い取る
  • ⇒残価を一括やローンで支払い買い取って自分の車として扱えるようにする

 
残価設定型クレジット(残クレ)なら毎月の支払い金額が少なくなるため、1つ上のグレードにも手が届きやすくなるんですよ~。
 
だから最近は、残価設定型クレジット(残クレ)で車を購入する人が非常に増えているんだとか。
 
ぶっちゃけ、ディーラー営業マンも残価設定型クレジットでヴォクシーを買ってくれた方が嬉しいんですよね…。
 
というのも、残価設定型クレジットで購入すると、数年後に乗り換えてくれる“目処が立つ”ので。
 
だからヴォクシーの値引きも、残価設定型クレジットで購入した方が引き出しやすいです。
 
とはいえ、残価設定型クレジットはメリットばかりではなくデメリットもあるので、よ~く検討してから利用するのが良いでしょう。

残クレで購入メリット

メリット

ヴォクシーを残価設定型クレジット(残クレ)で購入する一番のメリットは、月々の支払いが抑えられるところ。
 
特にトヨタの車種は中古車市場において価格が下がりにくいため、残価設定型クレジット(残クレ)で購入する場合の残価率が高く設定される場合が多いんですよね~。
 
例えば、人気のあるヴォクシーハイブリッドの残価率は『3年契約で50%前後』、『4年契約で40~45%前後』、『5年契約で40%前後』と非常に高く設定されています。
 
だから残価設定型クレジット(残クレ)でヴォクシーを購入すれば、通常のローン契約で購入するよりも月々の支払いが6~7割抑えられます。

残クレで購入するデメリットと注意点

デメリット

ヴォクシーを残価設定型クレジット(残クレ)で購入するデメリットは、”キズ”を付けたり”汚し”たりできないところです。
 
なぜなら残価設定型クレジット(残クレ)で購入した車は、分割支払い満了時に購入時と同じ状態に戻す必要があります。
 
もし「購入時に設定された残価」と「分割支払い満了時の車の査定額」を計算して、マイナスの場合は追加の支払いが発生するので要注意。
 

  • 車をぶつけてボディが凹んだ
  • ボディーや内装に傷がついた
  • タバコやペット、子供のいたずらで車内にキズや汚れがついてしまった

 
などは残価の査定でマイナスになる可能性が非常に高いです。
 
他にも年間の走行距離に制限がある場合も多く、超えてしまった場合は分割支払い満了時に残価が減額される場合もあります。
 
下記に該当する方は、残価設定型クレジット(残クレ)でヴォクシーを購入しない方が良いでしょう。

  • 車の運転に自信がない人
  • 子供が小さくて車を汚してしまう可能性がある人
  • 長距離の運転を頻繁に行う人

トヨタは独自の残価設定型クレジット(残クレ)が用意されている

トヨタは独自の残価設定型クレジット(残クレ)として『トリプルアシスト』が用意されています。
 
トリプルアシストの仕組みは、他のメーカーが実施している残価設定型クレジット(残クレ)と変わりません。
 
唯一違うのは、その名の通り「3つのサポート」がついてくるところです。
 

  1. 残価設定と乗る期間(36回[3年]、60回[5年])が設定できる
  2. トヨタグループのクレジットカードで買い物をすればポイントが溜まり、毎月の残クレの支払いにポイントを充てることができる
  3. クレジット一体型保険で払込額を定額にして、簡単な手続きで自動車保険に加入できる

 
車の支払いを少しでも軽くでき、保険もバッチリサポートしてくれるのが『トリプルアシストの特徴』です。
 
ちなみにトリプルアシストの金利は、販売店と地域によって異なります。
 
オンライン見積りでは3.9%となって結果が出てきますが、どうやら販売店の規模によって金利の差があるようです。
 
よく車が売れている販売店なら金利が低くなりやすいという情報もあります。

トヨタの残クレ審査は通常のディーラーローン審査と同等

トヨタの残クレ審査は通常のディーラーローン審査とほぼ同等です。
 
審査においては、年収そのものよりも会社の信頼性などが重要視される傾向があるようです。
 
年収については、年齢に対しての平均年収から大きく外れていなければ問題ありません。
 
トヨタの残クレ審査における借金については、年収に対して1/3までの貸付しか現金の貸付ができないように定められている総量規制ギリギリまで借りている人や、ブラックリストに載っていたり、支払いの遅滞などをしていない限りは大丈夫でしょう。
 
ちなみに残価設定型クレジット(残クレ)には、改正割賦販売法という法律が適用されますが、ここでも必ずしも借金の金額を審査に含める必要はないと判断されています。
参考文献早わかり改正割賦販売法(METI/経済産業省)

トヨタの残価設定クレジット(残クレ)は繰り上げ返済が可能

トヨタの残価設定型クレジット(残クレ)は繰り上げ返済が可能です。
 
実際にトヨタの残価設定型プランQ&Aに『残価額を含む返済が可能』と書いてあるので確認してみましょう。
 
ただし、「一括返済をする時点で、最終回支払いを『車返却』として返済することはできない」と書いてあるあるので、一括返済の際は事前に確かめておく必要がありそうですね。
 
残価設定型クレジット | 事業紹介 | トヨタファイナンス株式会社
 

トヨタ新型ヴォクシーの残価設定型クレジット(残クレ)をシミュレーションしてみた

X8人乗りのシミュレーション結果

トヨタ新型ヴォクシーを残価設定型クレジット(残クレ)で購入すると、月々いくら支払えば良いのかシミュレーションしてみました。
 


↓自分でシミュレーションしたい場合はこちら↓
トヨタ 購入サポート | シミュレーション | トヨタ自動車WEBサイト


 
シミュレーションでは『残価設定5年にした場合』と『残価設定を3年にした場合』で、それぞれの結果をまとめてあります。
 
※シミュレーション対象は人気グレード(X8人乗り)を元に行いました。
※公平を期すため、カラーは”ブラック”でオプションは一切つけていません。
 

ヴォクシーのグレードについて詳しくはこちら

ヴォクシーX・V・ZS【グレード毎の違いは何?】最適な選び方とは
 
 

ヴォクシーを残価設定5年で購入すると月々12,900円

残価設定型クレジット(残クレ)のシミュレーション結果""
【グレードX(8人乗り)】

36回払い(3年) 48回払い(4年) 60回払い(5年)
頭金 1,000,000円 1,000,000円 1,000,000円
初回支払額 12,411円 14,659円 16,827円
2回目以降支払額 11,600円×28回 13,700円×38回 12,900×48回
ボーナス月加算額 30,000円 30,000円 30,000円
支払い後の残高 2,747,072円 2,804,326円 2,864,697円

※金利(実質年率5.80%)
 

ヴォクシーを残価設定5年で購入すると月々の支払額は12,900円です。
 
支払い金額を軽減しているのは、『頭金』と『ボーナス払い』の併用、そして残クレの特徴である一部を残高として、それ以外の金額に対して支払いを行うという点です。
 
これならヴォクシーを手に入れるのも夢ではありませんよね!
 
上記のシミュレーションでは頭金の金額を100万円にしていますが、頭金を多くすれば多くするほど毎月の支払金額も安くなります。
 
ちなみに頭金が全く無い場合のシミュレーションはこちら↓
 
残価設定型クレジット(残クレ)のシミュレーション結果
【グレードX(8人乗り)】

36回払い(3年) 48回払い(4年) 60回払い(5年)
頭金 0円 0円 0円
初回支払額 47,860円 43,918円 37,311円
2回目以降支払額 45,900円×34回 40,300円×46回 35,400×58回
ボーナス月加算額 0円 0円 0円
支払い後の残高 1,229,861円 1,029,067円 928,670円

※金利(実質年率5.80%)
 

5年の60回払いだと毎月の支払い(2回目以降)が35,400円となります。
 
これくらいの支払額であれば、残価設定型クレジット(残クレ)を利用してヴォクシーを購入する事は可能でしょう。
 

ヴォクシー検討中の方へ


ヴォクシーの【最新】値引き情報安く買う方法は、下記の記事にまとめてあります。検討中の方は参考にどうぞ!
 
ヴォクシーの値引き【渋い】見積もり値引き目標額は50万が限界か

続きを見る


【まとめ】ヴォクシーに手が届かないなら残クレで購入するのもあり

ヴォクシー

「常に最新のヴォクシーに乗り続けたい!」という方には、残価設定型クレジット(残クレ)は非常にお勧めのプランかもしれません。
 
ヴォクシーは約6年周期でフルモデルチェンジ(約3年周期でマイナーチェンジ)が行われるので、残価設定型クレジット(残クレ)を選択すれば常に最新のヴォクシーに乗れる最善案と言えるでしょう。
 
ヴォクシーのフルモデルチェンジ【最新情報】2020年まで待つべき?
 
また今は頭金がなくてヴォクシーに手が届かない場合も、残価設定型クレジット(残クレ)を利用すれば無理なく毎月支払っていけるはずです。
 
毎月の支払金額を安く抑えることができる残価設定型クレジット(残クレ)ですが、キズをつけたり汚したりしてはいけないというデメリットもあります。
 
残価設定型クレジット(残クレ)でヴォクシーを購入する場合は、そういったデメリットも含めてよく検討してから契約しましょう。

ヴォクシーをついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「ヴォクシー」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

ヴォクシーの値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみにヴォクシー自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.