アルファード維持費を試算【維持できないかも】と不安な人は必見です

2019年9月13日

アルファード維持できない

アルファードの維持費を考えずに購入してしまうと、毎月の支払いに追われ、すぐに手放す必要が出てくるかもしれません…。
 
本記事では、現行型アルファード(30系後期)の維持費を試算した結果から、アルファードを維持できない人の年収について考察した結果をまとめてみました。
 
結論を先にいうと、アルファードの維持費は55万円で、アルファードを維持できない人の年収は400万円以下の方です。
 
また、アルファードとヴォクシーの維持費も比較してみたので、参考にしてみてください。
 
それではアルファードの維持費から詳しくみていきましょう!
 

アルファード検討中の方へ

お願いです。アルファードを高く買わないでください。
 
アルファードは値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

アルファードの維持費を試算してみた

アルファードの維持費を試算

アルファードの維持費を試算した結果を下記の表にまとめてみました。

アルファードの維持費内訳

項目 年間費用
ガソリン代 50,000円~100,000円
自動車税 22,500円~29,000円
自動車重量税 49,200円 ~61,500円
自賠責保険料 36,780円
任意保険料 107,780円
車検代 150,000円
メンテナンス代 30,000円
駐車場代 104,000円
合計 550,260円

アルファードを手に入れると、これだけの維持費がかかってきます。
 
また、アルファードはグレードによってエンジン性能が異なるため、燃費や排気量など違ってきます。
 
つまり、アルファードはグレード毎に維持費が異なるため、購入を検討しているグレードによっては維持できない可能性も…。
 
そこで次の項目では、アルファードの維持費について、グレード毎に内訳をまとめてみました。
 

アルファードの人気グレードやグレードの違いはこちら

アルファード人気グレードは?【選択に迷う】グレードの違いを比較してみた
 
 

アルファードのガソリン代は1年に8,000キロ走行で試算してみた

ガソリン

アルファードはグレード毎に燃費が異なるし、1年間に走る距離によってガソリン代が違ってきます。
 
そこで1年間に8,000キロ走行を想定し、アルファードの各グレードのガソリン代を試算してみました。
 
ガソリン代の算出は、「走行距離 ÷ 燃費 ×1Lあたりのガソリン価格」で計算しています。
 

ガソリン代の算出方法の概要

  • 走行距離は1年に8,000キロを想定
  • 1Lあたりのガソリン価格はレギュラー:130円/ハイオク:150円を想定

 

ガソリン代の算出結果

エンジン 燃費 年間ガソリン代 グレード詳細
2.5L+モーター 18.4km/L 走行距離:8,000km ÷ 燃費:18.4km/L × ガソリン代:130円
≒56,521円
HYBRID Executive Lounge
HYBRID Executive Lounge S
HYBRID G“F パッケージ”
HYBRID SR“C パッケージ”
HYBRID SR
HYBRID S
HYBRID G
HYBRID X
3.5L 10.4~10.6km/L 走行距離:8,000km ÷ 燃費:10.4km/L × ガソリン代:150円
≒115,384円
Executive Lounge
Executive Lounge S
GF
SC
2.5L 11.6~12.8km/L 走行距離:8,000km ÷ 燃費:11.6km/L × ガソリン代:130円
≒89,655円
S“C パッケージ”
S“A パッケージ”
S
G
X

参考アルファードの燃費【悪い?】燃費を向上させるコツを調べてみた

 
アルファードのガソリン代が一番かからないのは、2.5L+モーターエンジンのハイブリッドモデルです。
 
逆に一番ガソリン代がかかるのは、3.5Lエンジンのハイオク仕様モデルですね。
 
まとめると、アルファードの維持費であるガソリン代は年間50,000円~100,000円かかると思われます。
 
続いてアルファードの自動車税について試算した結果をまとめてみました。
 

アルファードの自動車税は年間45,000円

自動車税

自動車税は排気量に応じて課税される仕組みとなっています。
 
つまり、アルファードはグレード毎にエンジン性能(排気量)が異なるため、自動車税の価格が違ってきます。
 

アルファードの自動車税

エンジン 自動車税額 グレード詳細
2.5L+モーター 22,500円 HYBRID Executive Lounge
HYBRID Executive Lounge S
HYBRID G“F パッケージ”
HYBRID SR“C パッケージ”
HYBRID SR
HYBRID S
HYBRID G
HYBRID X
3.5L 29,000円 Executive Lounge
Executive Lounge S
GF
SC
2.5L 22,500円 S“C パッケージ”
S“A パッケージ”
S
G
X

 
アルファードの2.5L+モーター【ハイブリッドモデル】と2.5Lの【ガソリンエンジンモデル】は、共に排気量が2,500ccなので自動車税額は22,500円になります。
 
3.5Lの【ハイオクエンジンモデル】は排気量が大きくなるため、自動車税額は29,000円となります。
 

アルファードのエコカー減税について

アルファードの税金関連(自動車税・自動車重量税など)で注意すべきポイントが【エコカー減税】が適用されるかどうかです。
 
エコカー減税とは自動車取得税と自動車重量税の減税に加え、自動車税が減税されるグリーン化特例も合わせた総称を言います。
 
また、エコカー減税には適用期間が設けられていて、現在は2021年春頃までとなっています。
 
減税の幅は重量区分毎に基準燃費が決まっているため、どれだけ燃費達成できたかによって税額が決まります。
 
アルファードの場合、ハイブリッドモデルは自動車取得税と自動車重量税が100%減税、自動車税が75%減税となるため、約20万円前後が優遇されています。
 
アルファードのハイブリッドモデルは本体価格が高いですが、ガソリンモデルよりも税金面で優遇されているため、ハイブリッドにするかガソリンにするか迷うところ…。
 
下記の記事にアルファードの乗り出し価格を試算した結果をまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。
 

アルファードの乗り出し価格の詳細はこちら

アルファードの乗り出し価格【総支払額はいくら?】見積もりしてみた
 
 

アルファードの自動車重量税

自動車重量税は、車の車両重量によって税額が変わります。
 
また、エコカー減税が適用される車の場合、自動車重量税が減税されたり、100%免税(0円)になる場合もあります。
 
アルファードの自動車重量税は、グレードやオプションによって車両重量が2トンを超える場合があるため、61,500円と49,200円の2パターンがあります。
 

アルファードの自動車税

グレード 自動車重量税 重量
HYBRID Executive Lounge
HYBRID Executive Lounge S
HYBRID G“F パッケージ”
HYBRID SR“C パッケージ”
HYBRID SR
HYBRID S
HYBRID G
HYBRID X
全額免除(0円) 2,495kg~2,625kg
Executive Lounge
Executive Lounge S
GF
SC
61,500円 2,485kg~2,535kg
S“C パッケージ”
S“A パッケージ”
S
G
X
49,200円 2,345kg~2,475kg

 
アルファードはグレード毎に車両重量が異なるし、オプションでムーンルーフなどを装着するだけで20kg増となるため、自動車重量税が違ってきます。
 
ハイブリッドモデルはエコカー減税が適用されるため100%免税(0円)ですが、2.5L~3.5Lモデルは自動車重量税を加味した上で検討するのが良いでしょう。
 
続いてアルファードの保険料(自賠責保険料・任意保険料)をみていきましょう!
 

アルファードの自賠責保険料

自賠責保険料は、自動車損害賠償保障法で定められている【強制保険】と呼ばれるもので、ナンバーが付いている車両は加入する必要があります。
 
なぜなら、自賠責保険料の使用目的が、交通事故などの被害者救済であり、対人事故に対する最低限の保証が組み込まれているからです。
 
自賠責保険料は保険会社によって料金の違いはないため、好きな保険を選べば良いでしょう。
 
とはいえ、アルファードを購入するお店や車検の委託先は、どこかしらの保険会社の代理店を担っているため、自動的にお店の保険に契約されるケースがほとんどです。
 
アルファードの自賠責保険料はグレード毎の違いはなく、自家用乗用車の24ヶ月契約で36,780円です。
 

アルファードの任意保険料

任意保険料は「料率」をベースに、損害保険料算出機構が型式毎に毎年計算されていて、各保険会社はその料率に基づいて保険料を決定しています。
 
現行型アルファード(30系後期)モデルの型式【DBA-AGH35W】の料率は下記のとおりです。
 

アルファードの料率

  • 対人賠償責任保険:3
  • 対物賠償責任保険:4
  • 搭乗者傷害保険:4
  • 車両保険:5

 
任意保険料の料率は数値が9に近づくほど高くなります。
 
アルファードの料率を見ると、対人事故を起こす車両が少ないため数値が低くなっていますが、対物賠償責任保険・搭乗者傷害保険・車両保険の数値が高めになっていますね。
 
また、料率をベースに任意保険料が決まるとは言え、やはり加入者の条件によって保険料は大きく変わります。
 
例えば、下記の条件でシミュレーションし、アルファードの任意保険料をしさんしてみました。
 

任意保険料の試算結果

ソニー損保の任意保険料見積もり

  • 運転者:30歳以上
  • 等級:20等級
  • 免許証の色:ゴールド
  • 運転者の限定:なし
  • 対人・対物:無制限
  • 搭乗者傷害:あり
  • 車両保険:あり
  • 年間予想走行距離:7,000km以下

⇒107,780 円/年

 
アルファードの任意保険料は年間で約10万円になりそうですね。
 
もちろん条件によって任意保険料は変わってくるので、あくまでも参考まで。
 
アルファードは任意保険料が高いな…と感じるかもしれませんが、万一の事故を考えると自賠責保険だけでは到底たりません。
 
必ず任意保険は加入するようにしましょう。
 
少しでもアルファードの任意保険料を安くしたいなら、加入する任意保険を見直すのも一つの手です。
 
下記のサービスを使えば、任意保険を一括見積りしてくれるので、一番安いアルファードの任意保険会社がわかりますよ。
 
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり
 

アルファードの車検代とメンテナンス費用

車検代

アルファードの車検代の相場は約150,000円です。
 
現行型アルファード(30系後期)は比較的新しいモデルなので、ブレーキフルード・ブレーキパッド、エレメントやフィルター、ワイパーブレードなどの消耗品関係を交換するだけで済むでしょう。
 
また、車検には部品の点検や交換費用の他にも、自賠責保険料・自動車重量税・印紙代など法定費用もかかります。
 
アルファードの自賠責保険料は36,780円で、自動車重量税はグレード毎に異なり、印紙代は普通乗用車で共通金額の1,800円です。
 
メンテナンス費用に関しては、タイヤ交換やエンジンオイル交換にかかる費用ですね。
 
車検のタイミングとは別に行うほうが、アルファードを長く乗り続けやすくなりますよ。
 
アルファードのメンテナンス費用は下記のとおりです。
 

アルファードのメンテナンス費用

項目 費用 頻度
タイヤ交換 100,000円 5年、または30,000km走行後
エンジンオイル交換 10,000円 1年に1回程度

アルファードの駐車場代

アルファードを停めておく駐車場の賃料も、維持費として必要ですよね。
 
駐車場の賃料の平均価格は月極駐車場の場合約8,000円です。
 
更新料を加味すると、年間の駐車場代は約10.4万円になります。
 
もちろん、駐車場を借りる必要がない方は、アルファードの駐車場代は維持費に含まれません。
 

アルファードを維持できない人は年収が低い人

年収低い

アルファードの維持費を試算してみると、年間で約55万円以上・・・。
 
また、統計によると独身男性の1ヶ月に使う金額は約18万円と言われているため、1年で216万円の支出があります。
 
アルファードの車両本体価格の20~30%を頭金にして、5年(60回)ローンでの支払いを想定すると年収ラインが見えてきますね。
 

アルファードの年収ライン

モデル 想定される年収ライン
2.5Lハイブリッド 500万円
3.5Lガソリン 500万円
2.5Lガソリン 400万円

 
独身男性で年収400~500万円ならアルファードを維持していけそうですが、生活費や出費を見直す必要はありそうです。
 
既婚者で子供がいる方は、年収400~500万円では少し心もとないですね・・・。
 
どうしてもアルファードが欲しい方は、生活出費を切り詰めたり、残価設定型クレジットでの購入を検討されるのが良いでしょう。
 
ちなみにメーカー(トヨタ)が狙っている、アルファードを購入される方の収入層は年収700万円以上です。
 
だから年収が低い人は、アルファードを維持できない可能性が高いのです…。
 
とはいえ、年収400万円でもアルファードの維持だけを考えれば可能でしょう。
 
(アルファードを値引きして、どうにか安く買うことができればの話しですが…。)
 
でも子供の養育費や住宅ローンなどを抱えている人は、アルファードを維持できないのでは…。
 
たとえアルファードを維持できたとしても、貯金の切り崩し生活になるだけかもしれませんね。
 
「アルファードに乗りたいけど、今の年収じゃ無理かもしれない…」という方は、同じトヨタから出ているヴォクシーを検討してみるのも良いでしょう。
 
次の項目では、アルファードとヴォクシーの維持費がどれくらい違うのか比較した結果をまとめてみました。
 

アルファードとヴォクシーの維持費を比較してみた

アルファードとヴォクシー

アルファードとヴォクシーの維持費を比較した結果を下記の表にまとめてみました。
 

維持費比較

項目 アルファードの年間維持費 ヴォクシーの年間維持費
ガソリン代 50,000円~100,000円 112,893円
自動車税 22,500円~29,000円 32,900円
自動車重量税 49,200円 ~61,500円 49,200円
自賠責保険料 36,780円 36,780円
任意保険料 107,780円 37,830円
車検代 150,000円 70,630円
メンテナンス代 30,000円 26,000円
駐車場代 104,000円 104,000円
合計 550,260円 470,233円

アルファードとヴォクシーの維持費を比較すると、年間で約10万円ほどの差がありますね。
 
思ったほど維持費に差がつきませんが、ヴォクシーの方が維持費的に家計には優しいでしょう。
 
アルファードもヴォクシーも、維持費の大半を占めているのが【任意保険料】や【車検費用】です。
 
加入する任意保険を見直したり、車検を頼む場所を見直したりすれば、もっと維持費を安く抑えることができます。
 
だから、上記のアルファードとヴォクシーの維持費の比較結果は、あくまでも参考までにしておくのが良いでしょう。
 

ヴォクシーの維持費の詳細はこちら

ヴォクシーの維持費はどれくらい?【年間・月々で計算】節約する方法とは
 
 

アルファード検討中の方へ


アルファードの【最新】値引き情報安く買う方法は、下記の記事にまとめてあります。検討中の方は参考にどうぞ!
 
アルファード値引き【2020年は渋い?】ブログを元に実例いくらか徹底調査

続きを見る


まとめ

アルファード

  • アルファードの年間維持費は約55万円
  • 既婚者で子供が居る年収400万円以下の人アルファードを維持できない可能性が高い
  • トヨタが想定しているアルファードの購入層は年収700万円以上
  • アルファードとヴォクシーの維持費を比較すると約10万円の差がある
  • アルファードもヴォクシーも維持費の大半が【任意保険料】と【車検費用】
  • 維持費を見直すことでアルファードを維持しやすくなる

 
アルファードが欲しい!と思ってしまうと、どうしても車両本体価格ばかりに目が行きがち・・・。
 
なかなかアルファードの維持費にまで頭が回らない気持ちもわかります。
 
でも、アルファードは車両本体価格だけでなく、維持費まで考えて購入しないと、乗り続けるのは難しいでしょう。
 
もし、今「アルファードが維持できないかもな・・・」と悩んでいるなら、まずは自分の年収や生活費を見直してから購入しましょう。
 
「どうしてもアルファードに乗りたい!」というなら、アルファードを安く買って、維持費を安く抑える工夫をしましょう!
 

アルファードをついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「アルファード」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

アルファードの値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみにアルファード自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.