ステップワゴンのサイズ感【丁度良い大きさ!】ライバル車と比較してみた

2019年2月28日

ステップワゴンのサイズ

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/cabin/

車の購入で外せないのがサイズですよね。
 
特に駐車スペースや子育ての面を考えると、長さや幅・室内寸法を気にする方も多いはず・・・。
 

  • 新型ステップワゴンのサイズは実際どれくらいなの?
  • 新型ステップワゴンの室内寸法は子育ての面で手狭に感じないかなぁ?
  • 新型ステップワゴンはマンションの機械式立体式駐車場に止められるかな?
  • ライバル車(ヴォクシーやセレナ)とサイズを比較したらどうなの?
  • ステップワゴンの歴代モデルのサイズを知りたい

 
そんな疑問に答えるため、本記事ではステップワゴンのサイズについて調査してみました。

ステップワゴン検討中の方へ

お願いです。ステップワゴンを高く買わないでください。
 
ステップワゴンは値引き交渉よりも、○○するだけで安く買えるのに…。
 
多くの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。
 

新型ステップワゴンのサイズを徹底調査

ステップワゴン

新型ステップワゴンのサイズは下記のとおりです。
 
【ステップワゴン 標準モデルのサイズ(単位:mm)】
ステップワゴン 標準モデルのサイズ

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/common/pdf/stepwgn_spec_list.pdf
  • 全長(m):4.690
  • 全幅(m):1.695
  • 全高(m):1.840[FF]/1.855[4WD]
  • ホイールベース(m):2.890
  • トレッド(m)[前/後]:1.470/1.485
  • 最低地上高(m):0.155[FF]/0.150[4WD]
  • 最大車両重量(kg):1,640~1,690[FF]/1,720~1,780[4WD]
  • 乗車定員(名):7/8
  • 客室内寸法(m)[長さ/幅/高さ]:3.220/1.500/1.425

 
【ステップワゴン SPADAのサイズ(単位:mm)】
ステップワゴン SPADAのサイズ

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/common/pdf/stepwgn_spec_list.pdf
  • 全長(m):4.760
  • 全幅(m):1.695
  • 全高(m):1.840[FF]/1.855[4WD]
  • ホイールベース(m):2.890
  • トレッド(m)[前/後]:1.470/1.485
  • 最低地上高(m):0.155[FF]/0.150[4WD]
  • 最大車両重量(kg):1,820[HYBRID]/1,720[FF]/1,780[4WD]
  • 乗車定員(名):7[HYBRID]/8[ガソリン車]
  • 客室内寸法(m)[長さ/幅/高さ]:3.220/1.500/1.405

 
新型ステップワゴンのサイズ感は、どのグレードもそこまで大きな差はありません。
 
標準モデルとSPADAの違いは全長だけで、これは単純にエアロ形状の差です。
 

ライバル車(ヴォクシー・セレナ)と新型ステップワゴンのサイズを比較してみた

比較

新型ステップワゴンのライバル車となる、国産Mサイズミニバンのヴォクシー・セレナとサイズを比較してみました。

外寸サイズの比較結果

車種 全長 全幅 全高
新型ステップワゴン 4,690 1,695 1,840
ヴォクシー 4,695 1,695 1,825
セレナ 4,690 1,695 1,865

 
高さや見た目からステップワゴンのボディは大きいイメージがありますが、外寸を比較してみるとライバル車のヴォクシー・セレナとほぼ同じです。
 
横幅はコンパクトカーのフィットやヴィッツと同じなので、軽自動車から乗り換えても、ボディが大きいと感じるのは最初だけ
 
新型ステップワゴンは四角いスクエア型の車両だから前後左右の感覚がつかみやすく、慣れればすんなりと運転できるようになります。
 
↓ヴォクシーのサイズについて、詳しくはこちら↓
ヴォクシーのサイズ【運転しやすい?】ライバル車と横幅・高さ・長さを比較してみた

室内寸法の比較結果

室内長 室内幅 室内高
新型ステップワゴン 3,220 1,500 1,425
ヴォクシー 2,930 1,540 1,400
セレナ 3,240 1,545 1,425

 
室内寸法を数値だけで比較すると、日産セレナが一番広いです。
 
日産セレナは国内ミニバンクラスNo.1の室内空間を謳っているため、数値だけは一番高いんですよね~。
 
参考セレナe-POWERの内装【1~3列までレビュー】カスタムパーツもご紹介
 
とはいえ、カタログ上の室内寸法で判断するよりも、実際に乗った時に広く感じるかが重要です。
 
また子育ての面を考えると、室内空間を有効に使える工夫が施されているかもチェックしましょう。
 
【新型ステップワゴンの室内空間の工夫】

  • 3列目シートの床下収納が採用されている
  • 3列目シート格納時の室内空間の広さはMサイズミニバントップ
  • バックドアの「わくわくゲート」は後方が狭い場所でも開閉できる
  • 「わくわくゲート」からの人員の乗り降りも可能
  • バックドアの開口部の大きさはヴォクシー・セレナよりも大きい

 
【ヴォクシーの室内空間の工夫】

  • 2列目シートのスライド幅はステップワゴンやセレナよりも大きい(810mm)
  • 室内のシートアレンジが多彩
  • 2列目シートの座面のみを跳ね上げて3列目シートメインで使用することも可能

 
【セレナの室内空間の工夫】

  • 室内寸法はMサイズミニバントップ
  • 後部座席への乗り降りを快適にする「ハンズフリーオートスライドドア」を採用
  • 子供を両手に抱えていても車内に入れる

 

ステップワゴンのサイズを歴代モデルで比較

歴代モデル 全長 全幅 全高
現行5代目(2015年~) 4,690mm 1,695mm 1,840mm
4代目(2009年~2015年) 4,690mm 1,695mm 1,815mm
3代目(2005年~2009年) 4,630mm 1,695mm 1,770mm
2代目(2001年~2005年) 4,670mm 1,695mm 1,845mm
初代(1996年~2009年) 4,605mm 1,695mm 1,830mm

*上記サイズは全てベーシックタイプを調べました
 
現行の「5代目新型ステップワゴン」と「歴代モデル」のサイズを比較した結果、幅は変わりませんが”長さ”と”高さ”は時代に合わせたサイズになっています。
 
特に現行5代目の新型ステップワゴンは、歴代モデルの中で一番大きいサイズです。
 
その理由は、排ガス規制をクリアするため、新型ステップワゴンのエンジンが小型化されているから。
 
新型ステップワゴンはエンジンが小型化されたおかげで室内空間を広くとれるようになり、歴代モデルの中で一番大きいサイズとなりました。
 
新型ステップワゴンの車体サイズは歴代モデル最大なのに、エンジンが小さくなって走りの性能が落ちたと思われがちですが、2.0Lエンジン+ターボ仕様となっているため、以前のモデル以上にキビキビとした走りができます。

ステップワゴン検討中の方へ


ステップワゴンの【最新】値引き情報安く買う方法は、下記の記事にまとめてあります。検討中の方は参考にどうぞ!
 
新型ステップワゴンの値引き相場情報【2020年5月】値引き限界を引き出す7つの交渉術

続きを見る


ステップワゴンは立体式駐車場に安心して入れる大きさか調べてみた

駐車場

ショッピングモールやマンション等の立体駐車場は高さ制限が設けられています。
 
実は立体駐車場の高さ制限には明確な統一基準が存在しないため、各場所の立体駐車場が任意の高さに設定されているんですよね・・・。
 
でも、実際の高さ制限は、駐車場のタイプ毎に平均値があります。
 
【立体駐車場の高さ制限の平均値】

  • 自走式駐車場:2~2.5メートル
  • 機械式駐車場:1.5メートル

年式が古い自走式立体駐車場は入れないかも

立体駐車場の中を自分で運転して駐車する自走式立体駐車場の場合、高さ制限の平均値は約2~2.5メートルほど。
 
ステップワゴンの全高は1,840mmなので全く問題なく、十分に基準をクリアできます。
 
しかし、年式が古い自走式立体駐車場の場合、高さ制限が1,790mmとなっている場所もあるため十分に注意しましょう。
 
また自走式立体駐車場の入口ゲート付近には必ず高さ制限が記載されているので、確認を怠らないようにしましょう。

機械式駐車場は入れない可能性が高い

都内のタワーマンションなどに多い機械式駐車場は、高さ制限が1,550mmに設けられていることが多いです。
 
ステップワゴンの全高は1,840mmなので、機械式駐車場の基準をクリアできません。
 
機械式駐車場の中には高さ制限にゆとりをもって、約2,000mmに設けている場合もありますが、それほど数は多くないのが現状です。
 
また、機械式駐車場はエレベーターに車を乗せて各階を行き来する必要があるため、高さだけでなく車幅制限(約1,850mm)も設けられています。
 
Mサイズミニバンのステップワゴンの車幅は1,695mmなのでクリアできますが、Lサイズミニバンのアルファード等は完全にアウトです。
 

【まとめ】新型ステップワゴンのサイズはMサイズミニバンとして丁度良い大きさ!

ステップワゴン

ステップワゴンとMサイズミニバンのライバル車(ヴォクシー・セレナ)のサイズを比較してみると、どの目線でサイズをみるかによって違ってきますね。
 

  • 子育ての面で見た場合のサイズ比較ではステップワゴンがおすすめ
  • 数値上のサイズで比較するなら日産セレナ
  • 多彩なシートアレンジで荷室を広く使いたいならヴォクシー

 
どの車種も室内空間を広く見せるための工夫をされているため、単純にカタログの数値だけでは見えてこない所がたくさんあります。
 
Mサイズミニバンの中でもステップワゴンは室内の広さに注力し、3列目シートの床下収納やバックドアの「わくわくゲート」など様々な工夫が施されています。
 
またステップワゴンはボディに凹凸がない四角いスクエア型だから前後左右の感覚がつかみやすく、狭くて細い道でのすれ違いや車庫入れも難しくありません。
 
ステップワゴンは正にMサイズミニバンとして丁度良いサイズといえます。
 
ハイブリッドを選べば燃費も良いし、2.0Lエンジン+ターボ仕様だから走りもバッチリです!
 
もし、ステップワゴンの大きさに躊躇しているなら・・・。
 
是非一度ホンダのディーラー店に行って、実際にステップワゴンを見て、試乗もしちゃいましょう!
 
また、今乗っている車を下取りに出すなら、ステップワゴンがより安く買えるかもしれません。
 
ただし、ディーラーの下取りは金額を低く見積もってくるため注意!
 
詳しくはコチラ。
 ↓ ↓ ↓
\知らないと絶対に後悔する/


⇒新型ステップワゴンをついに購入!しかも人より63万円も安く買えた理由がスゴイ
※230万人が利用した購入前必須のカンタン値引き方法!


 

ステップワゴンをついに購入!しかも人より68万円以上も安く買えた理由がスゴイ

僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。

もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「ステップワゴン」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。

たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、

20万円値引きします」とのことでした。

…むむむ。

「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」

そんなふうに思ったときでした。

いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ

ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。

…!? まじ?

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。

うれしいような、かなしいような…。
なんですけど。

5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。

ステップワゴンの値引き20万円とヴィッツの下取り5万円で、25万円の値引き。

「 まぁそんなに悪くはないかな 」

そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。

とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。

...僕の判断は正解でした。

商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。

「 いや待て。新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」

そう思い、色々調べていると、、、

僕は、ある事実を知ってしまったのです。

それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた!ということです。

危うく、ディーラー営業マンに騙されるところでした・・・!!

どうゆうことか説明しましょう・・・。

実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「5万円」なんかじゃなかったんです。

自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。

これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

あやうく、のせられるところでしたよ…

せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、

「下取り」で損してたら何の意味もない

ですからね…

じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?

当然そう思います。

期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… 

とんでもない事実が発覚…。

それは、ある無料のサービスを使うことで、、、

僕のヴィッツにビックリするくらいの値段がついた!ということでした。

そのサービスがこれです。
 

↓このような感じです!

愛車の相場最高の買取価格がすぐに分かるようになってます!
 

しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。

ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。

そして、どんどん価格が釣り上がっていった結果・・・

なんと…

僕のおんぼろヴィッツが58万円で売れることがわかったんです!!

さすがにこれには僕もびっくりしました…^^;

ディーラー下取りで5万円と言われた僕の車が、無料査定を使っただけで58万円になったわけですからね…。

ちなみにステップワゴン自体の値引き20万円も含めると、20万円58万円で、、、

おそろしいことになります。

ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。

事前に無料査定をして、準備をしておくことが重要!

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

知らないということが一番こわいのです。

あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、58万円をドブに捨てるようなものでしたから。

僕が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。

車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。

もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。

無料なので、一度試してみるといいですよ!
 

Copyright© ミニバンの教科書[2020年版] , 2020 All Rights Reserved.